« ピタリ賞 | トップページ | やっと作成 »

2005.11.03

日本煙突業協会、書記の仕事

構造計算、安全書類作成、拡散計算書作成等々。
18時30分集合で日本煙突業協会の会員他社から飲みの
誘いがあったので早めに終わらせて参加する。

某自動車メーカー煙突改修工事見積に関して話題が出た。
多くのゼネコンに引合がある様で、煙突業者各社にも引合が
あるらしい。既設煙突の解体→基礎の改造→煙突新設という内容だが
工程が2ヶ月と指定されており、高さ60m・頂部内径2mというボリューム
からすると物理的に不可能だ。通常は工程4~5ヶ月、雨天強風を考慮すると
6ヶ月の工程が欲しいところ。当社は対応不可能なので見積辞退とした。
煙突専門業者なら手は出さないだろうという結論になった。

今後のスケジュールについて話題が出る。
いつもは定時総会の議事録に記載するが、多忙につき、まだ作成していない。
各社の発言要旨を簡潔にかつ正確にまとめ上げるのは結構難しく
オフレコの発言もあり文章を選びつつまとめるのは時間がかかる。とはいえ
「鉄は熱い内に」打たないと意味がない。
「来週前半には提出します」ということで勘弁して頂いた。
書記という役割は結構難しい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

|

« ピタリ賞 | トップページ | やっと作成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本煙突業協会、書記の仕事:

« ピタリ賞 | トップページ | やっと作成 »