« 長い1日と長かった3年間 | トップページ | 意外に… »

2005.12.21

大先輩

改修案の略図及び見積略図の作成、職方との打合せ。
提出期限が早い案件から順に手掛けてゆく。
出張で不在の時に限って急ぎの見積依頼があるのは何故だろう?

一級建築士の登録番号が二桁台(民間では2番目の登録番号)
という「大先輩」の妻の祖父から合格祝いの電報が届いていた。
大先輩からのありがたい電報を見て又、涙が溢れ出す。
2年前に三角スケールと配筋指針の本を頂いていた。
年季の入った三角スケールで目盛が一部読めないので
「御守」兼「予備のスケール」として受験会場にも持って行った。
勉強中の一休みや挫折しそうになった時、その三角スケールを見て
やる気を奮い立たせていた。
偶然にも私と妻の家系が「建築に携わる者」ということで同じ様な
DNAなのかもしれない。

一級建築士としての社会的責任と「良いものづくり」の精神を
大先輩から受け継いで切磋琢磨していこうと改めて思った。
その他にも御祝いの電話やメールが届いた。
「多くの人に支えられながら人間は生きるもの」であり
感謝の気持と礼節を忘れずにと改めて思った。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

|

« 長い1日と長かった3年間 | トップページ | 意外に… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大先輩:

« 長い1日と長かった3年間 | トップページ | 意外に… »