« プロフェッショナル | トップページ | 長い1日と長かった3年間 »

2005.12.19

定期診断

職方打合せ、発注、年賀状チェック等々。

ほぼ毎年清掃及び点検補修を行っている御客様から連絡が入る。
昭和40年代に建設された煙突だが、定期点検・清掃・補修を行っているので
劣化は比較的少ない。大規模な劣化に至る前の軽微な内に補修を実施している。
いわゆる「プリベンティブメンテナンス」=「予防保全」の考え方だ。
煙突が稼働不能になると工場の操業ができなくなり重大な損害に発展することもありうる。
煙突も人間同様に「定期診断」が必要だ。

昨日は「ギックリ腰」になってしまい起きあがるのもつらかった。
日曜診療の病院を探して診断及び痛み止めの薬をもらった。
だが、今日も痛みは大して変わらず歩くのもつらかった。
姿勢を変える度に腰に痛みが走り力が入らない。
大事に至る前の「定期診断」、「早期治療」が重要だ。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

|

« プロフェッショナル | トップページ | 長い1日と長かった3年間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定期診断:

« プロフェッショナル | トップページ | 長い1日と長かった3年間 »