« 煙突技術相談室 | トップページ | 本業では… »

2006.04.18

JASSなのか?

煙突見積略図及び職人との打合せ等々。

昨日FAXが入っていた煙突設計施工指針の
改定原案の校正について目を通す。
普段は日本煙突業協会会員各社が検討し
集まって意見をまとめるが今回は提出期限が
今日中ということでFAXにて回答することとなっていた。
他の日本煙突業協会会員と打ち合わせて質問事項と
校正部分をFAX送付する。

原案には施工精度についてRC製煙突と鋼板製煙突の
高さ、倒れ等が記載されている。RC製煙突の倒れは高さの1/1000で
前回打合せ通りだが、鋼板製煙突の倒れが高さの1/2000と
なっている。JASS鉄骨規準かと思われるがその文献は
当社に無く、本屋に行って調べる時間も無いので
追加質問事項とした。
駅前のビルに大きな本屋があり専門書の数が多いので重宝している。
行くと建築コーナーでは30分近く立ち読みしてしまう。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

|

« 煙突技術相談室 | トップページ | 本業では… »

コメント

鋼板製煙突の『倒れ=傾き精度』が1/2000とはなかなか厳しい規格ですね。
私が昔高さ50m程の『円筒形無線鉄塔』を設置した時、傾斜を規格以内におさめるのに苦労した事思い出します。
設置当日は垂直に立っていた鉄塔が翌朝には西側に傾いているのです。
原因は『太陽の光による鋼板の伸び縮み』で
結論的には朝十時に傾き調整すれば良いことがわかりました。

投稿: ジイジ | 2006.04.19 07:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JASSなのか?:

« 煙突技術相談室 | トップページ | 本業では… »