« 芯棒アンカーとメスアンカー | トップページ | 御近所 »

2006.08.29

物持ち良し

煙突図面作成及び見積書の作成等。
御客様から5年前に施工した内筒式煙突の排ガス測定孔について
問合せが入る。測定孔がグラついているとの事で図面を確認する。
コンクリート外筒と内筒との距離があり測定孔長さが1200と長い。
片持ち梁の様な状態になっている為、たわみ易くなっている。
或いは施工後5年経過しているので腐蝕により曲がっている可能性もある。
施工方法はどうなっているか確認があり内筒内部側から現場溶接ですと回答する。
施工当時の写真を郵送することとした。
調べてみると過去の報告書も出てきて平成6年の報告書があった。
およそ12年前の報告書で最初に内筒式に改修した施工写真がある。
更に平成7年、9年、11年の内筒清掃点検報告書と
平成13年の内筒取替工事施工報告書、平成16年の避雷針取替工事
報告書が出てきた。
1本の煙突で6冊の報告書があり「物持ちが良いな」と我ながら感心する。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

|

« 芯棒アンカーとメスアンカー | トップページ | 御近所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物持ち良し:

« 芯棒アンカーとメスアンカー | トップページ | 御近所 »