« ステンレスの融点 | トップページ | 円型煙突と角型煙突 »

2006.08.07

煙突直径と排ガス量の関係

煙突見積書の作成及び雑用等々。
現地調査に行っている職方より連絡が入る。
先週、御客様から連絡があったが内筒から錆片が
飛散しているとのこと。
ガス量が増加したらしく煙突の直径は変わらないので
内部圧力が増加して錆片の飛散へと発展したものと思われる。
圧力が高いと錆の飛散や騒音、振動が発生し
圧力が低いと煙の上昇能力が阻害されダウンウォッシュになる。
煙突直径と排ガス量は微妙なバランスの上で成り立っている。

高田馬場を歩いていると居酒屋の「生ビール200円キャンペーン」
が目に入る。学生が夏休みなのでキャンペーンを行っているのであろう。
高田馬場は人口の季節変動が激しい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

|

« ステンレスの融点 | トップページ | 円型煙突と角型煙突 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 煙突直径と排ガス量の関係:

« ステンレスの融点 | トップページ | 円型煙突と角型煙突 »