« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007.03.30

入念なチェック

煙突見積書・概略図の作成後、中断していた煙突構造計算書の
作成等々。
見積書と概略図の作成は午前中を予定していたが御客様の仕様が
ゴージャスなスペックであるので見積項目が多く、見積漏れにより
2回手戻りとなってしまった。結局、予定時間より2時間オーバーと
なってしまった。提出前に再度入念なチェックを行って提出したつもり…
であったが提出後に煙突内部の仮設梯子を入れ忘れていたことに気がついた。
全体金額に対して僅かな金額であるのでサービスの範疇ではある。
見積提出後、中断していた構造計算書を再開する。
ほぼ、完成していたが再度入念なチェックを行う。
するとベース部分の板厚を下げられることに気がついた。
板厚を下げても構造的には問題ないが、劇的に金額が下がるという
程では無い。既に概略図で板厚を明記しており、変に誤解されても困るので
当初の予定通りとした。

妻と子供が里帰り中なので夕食は高田馬場で外食することにした。
「焼肉補助金」が支給されていたので、久しぶりに和牛専門で高田馬場では
数少ないレバ刺しを提供する店に行く。
レバ刺しを頼むと他のテーブルでも同時に注文があり、レバ刺しが3連続で
順番に各テーブルに提供されていった。
今年初のレバ刺しを充分に堪能できた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.29

雨男と晴男

先月アンカーボルトを設置した煙突の建方立会。
天気予報では雨のち晴れとなっており朝に宿を出るときには
小雨状態であったが朝礼→新規入場者教育が終わる頃には
晴れになっていた。雨の時には寒くて冬用ジャンバーを着込んだが
晴れてくると気温が上がり、汗をかくほどになっていた。
工事はトラブル無く予定通り午前中に終了した。

ついに新幹線が全席禁煙となった。
その代わりに仙台駅と上野駅新幹線ホームに喫煙室が設置されている。
新幹線の全駅で喫煙室が設置されたらしい。
発車間際までタバコを吸いながら景色を眺める。
喫煙者にとっては益々肩身の狭い状況になっている。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.27

M12まで

煙突建方の立会。
建方まではスムースに済んだが、途中でナットが足りないことに気づく。
近辺のホームセンターや金物店を会社で探してもらい購入に行く。
現場から最も近いのはホームセンターであるが「もしかしてM16は無いかも」
と思いつつボルトコーナーに向かう。
やはりM12までしか置いていない。
ホームセンターは品揃えは豊富であるが、いわゆる「売れ筋」の商品が
中心であるので煙突で使用する材料が無い場合もある。
逆に仮設品・消耗品は金物店より安い場合が多い。
2軒目の金物店ではM16の在庫があったので購入して現場に戻る。
同じ市内であるが1時間半かかってしまった。

若干の残業になったが無事工事終了となった。
日の入りが遅くなってきたので屋外作業も残業可能な季節になった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.22

基準風速38m/sec

煙突見積書作成のための概略構造計算及び見積書作成等々。
煙突設置予定地が海岸付近なので念のため基準風速を
法令集で確認する。
一般地域は30m/secであるが調べると38m/secであった。
いつもは自治体の建築指導課等に地表面粗度区分を確認するが
概略なので安全側の粗度区分Ⅱとする。
計算を進めると風直角方向よりも風方向の方が応力が大きくなった。
煙突の場合、通常は風方向よりも風直角方向の方が応力大となるのだが
今回は煙突直径が小さいことと基準風速が大きいので風方向の方が
応力大となったものと思われる。
基準風速は10分間平均風速なので最大瞬間風速では突風率1.5~2とすると
基準風速38m/secの場合、最大瞬間風速は57~76m/sec相当となる。
海岸地域なので妥当な風速である。

妻と子供が旅行中なので夕食は外食とした。
Y社の牛丼が夜でも提供されるようになったので2年ぶり位に食べに行く。
期間限定復活の時には行列で並ぶのを断念したが、今日は空席もあり
ゆっくりと堪能できた。
「行列のできる店」とは縁遠い。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.19

モンケン自沈

煙突施行計画書の作成、雑用等々。
御客様と電話打合せ中に、先週提出した「田んぼ並み」地盤の
煙突見積書の話題が出る。
見積提出後に気がついたのだがボーリングデータをよく見ると
地下5m位までN値ゼロで横に小さい文字で「モンケン自沈」と記載されていた。
つまり標準貫入試験用の機材を配置しただけで自重によって
沈んだことになる。
その後、どの様に試験したのかは不明であるが地下25m位でようやく
N値が出て30m位で支持地盤に到達したことが試験結果から読み取れる。
御客様に話を聞くと埋立地で、試験結果の通り非常に軟弱な
地盤であるとのこと。
まず最初に地盤改良工事が必要であると思われる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.15

真ん中で

「建築士のための指定講習会」に参加する。
内容は建築基準法・建築士法等の「最近の法改正について」
「シックハウス」「アスベスト対策」等々であった。
どれも為になる内容であり充実した講習会であった。
特に、テキストは去年作成された後に今年に入っても改正されているので
最新内容が盛り込まれており、とても充実している。
なおかつ、非売品とのことで価値があるものである。
法改正については集中して勉強できる機会がないので
とても分かり易く、ためになった。
最新の情報を取得できる良い機会であった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.14

サイズ多数

煙突見積書作成、機材手配等々。
ゴンドラを手配後にクレーン手配をする。
記憶ではクレーン能力に余裕があったので予定通りのクレーン
作業依頼をFAX送付したが念のため能力表で確認する。
作業半径10m、定格荷重5.6tに対して吊上荷重2.5tであるので
2倍以上の余裕がある。実際の現場状況は作業半径5m位まで
短縮できるので更に余裕ができる。
だいぶ余裕があるなと思い、図面で再確認すると重量は同じであるが
煙突高さは記憶よりも低かった。別の現場と勘違いしていたらしい。
クレーンは問題ないがゴンドラのワイヤーが長すぎる。
ワイヤーと親綱長さを短くして再度ゴンドラ屋にFAX注文した。

会社帰りに明日の講習会で使用する証明写真を撮影する。
お金を入れてイスの高さを調整していると「写真のサイズを選択せよ」
という画面が出てきた。
全部で4種類の写真サイズがあり
「履歴書用」「免許証用」「パスポート用」「中型・大型証明用」
の中で1種類だけ選択可能となっている。
昔は大小合わせたサイズであったが今は1種類のサイズだけしか
選択できないらしい。おまけに一回700円と僅かながら値上げされている。
以前は500円のワンコインだったが…
必要な写真寸法を確認し、免許証用を選択する。
すると同じ寸法で8枚分の証明写真が出てきた。
「こんなにいらないのに…」と思いつつ持ち帰った。
便利になったのか不便になったのかは疑問である。

家に帰って証明写真を子供に見せると同じ写真が8枚並んでいるので
「分身の術だ!」と大喜びした。

見る人によっては不便に感じたり面白く感じたりする。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.12

語呂合わせ

煙突見積書、見積略図、煙突工事工程表の作成等々。
コンクリートの容積比について問い合わせがあったが
即答できなかった。建築士試験にも出てくるので2年前なら
即答できたが考え込んでしまった。
語呂合わせを思い出すことしばし…
粗骨材40%、細骨材30%、水16%、セメント10%、空気4%だった。
語呂合わせは
再三(細骨材30%)粗品(粗骨材40%)
苦心(空気4%)の攻めと(セメント10%)水の色(水16%)
となる。
数字の暗記は語呂合わせが効果的である。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.03.09

田んぼ並み

煙突調査報告書の作成等々。
午後に煙突見積書依頼と共にボーリングデータが
FAX送付される。
内容を見ると地下25m位までN値が1とか2程度で
25mより下でようやくN値20位になっている。
建設予定地を確認すると埋立地とのこと。
「N値1だとイメージ的には田んぼ並の地盤です」と
御客様に説明すると軟弱地盤であることが納得して頂いた。
杭基礎で支持地盤までは相当の深さが必要であると予想される。

今日の高田馬場は卒業式に出席すると思われる袴姿の女性が多かった。
学生街は各種行事によって季節の移り変わりを感じることができる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.07

見えない所に

午前中は煙突資料の作成、午後から煙突拡散計算書の
続きを作成する。煙突拡散計算書は昨日で出来上がっていたが
最終チェックの段階で排ガスデータ中の「12ppm」という数字が
硫黄酸化物濃度と思い込んで計算を進めていたが
一酸化炭素濃度の数値であることに気がついた。
最初からやり直しとなってしまったので途方に暮れて昨日の夕方から
手つかず状態になっていた。提出期限は金曜日なのでやり直しと
なっても間に合う。
気分一新、午後から煙突拡散計算書にとりかかる。
再度入念に数字を確認し夕方には投函した。

家に帰って腕時計を外すと何故か裏蓋まで外れてしまった。
初めて気がついたが裏蓋に「14.11デンチ、18.7デンチ」と
マジックで書かれている。近所の時計店で電池交換してもらったが
裏蓋の見えない所に電池交換の年月と自分の名前が書かれている。

大阪時代にワイシャツ(関西ではカッターシャツと言うらしい)を
クリーニングに出していたが襟の裏側にマジックで自分の名前が書かれていて
「小学生か!」というツッコミを入れつつ愕然としたことを思い出した。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.05

ケース1~ケース4

午前中は雑用等々、午後から煙突拡散計算書の作成。
以前にガス放出速度を上昇させる為に、ノズル取付見積を
提出していたが最新の排ガスデータを頂いたので内部圧力が
適正かどうか検証する。
データは通常運転時のものなので定格運転時の計算も行うことになり
改修前と改修後で合計4パターンの計算書を提出する。
数字をひとつ間違うと全く異なる結果となるので組み合わせを
紙に書いて下書きして指差し確認しながら計算する。
煙突内部圧力とガス放出速度は反比例するので適正な数値を
見出すことは難しい。

一息入れた時に、腕時計を見ると日付が「2日」となっていた。
今年は2月が28日までだったので3日遅れの日付となっている。
今日まで腕時計の日付修正するのを忘れていた。
先週から煙突構造計算や煙突拡散計算に集中していたので
忘れてしまっていたらしい。
計算は数字一つ異なるだけで結果が変わってくるので、集中して慎重に
行わなければならない。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.01

応力-ひずみ曲線

煙突構造計算書の作成。
御客様から鋼材の許容応力度、引張強さ、破断荷重について質問があり
電話にて説明する。とりあえず理解して頂いたが資料があればFAX
して欲しいとのこと。
約12年前に使用した夜間の専門学校時代での材料実験テキストを
出して応力-ひずみ曲線をコピーする。が、メモ書きが多くよく見えない。
仕方なく手書きで書いた。
「鋼材の引張応力度は 約4~6t/c㎡程度で安全率を考慮し
弾性範囲内の2.4t/c㎡を許容応力度として計算上の応力度が下回る様に
設計します。SS400とは引張応力度が400N/m㎡以上の鋼材となります」
という解説を入れて応力-ひずみ曲線をFAX送付した。

テキストには鋼材の引張試験データが記載されており、その時には
最大荷重 約30t、引張応力度換算では 約 6t/c㎡で鋼材が破壊したらしい。
たしか「ボン!」という音と共に試験体が2つに割れたと思う。
学生時代の勉強は忘れ易いが社会人になってからの勉強は
忘れにくい(様に思われる)

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »