« 書類紛失 | トップページ | 設計者の意図 »

2007.07.24

熱線吸収UVカットガラス

クレーン屋さんと共に先週訪問した現場へクレーン配置確認の為に
再訪問、午後に会社に戻って施工計画書の変更作成。
朝が早かったので帰りの特急電車内で昼寝して東京駅から
在来線に乗る。南側の席が空いていたので座ってみるが
直射日光があたって結構暑い。ブラインドを下げようとしたものの見当たらない。
ガラスの隅に小さい文字で「熱線吸収UVカットガラス」と書いてある。
「熱線吸収」の割には結構暑いのだが冬季にも対応できるように
「熱線反射」にしていないのであろう。
普通ガラス+ブラインドであれば「冷房負荷の軽減→車内冷房温度の
上昇→エコロジー運転となり冬季も暖房負荷の低減になるのに」と
思いつつ、結構暑い窓際でいつも通り鋼材メーカーの看板を確認して会社へと戻った。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

|

« 書類紛失 | トップページ | 設計者の意図 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱線吸収UVカットガラス:

« 書類紛失 | トップページ | 設計者の意図 »