« 右脳の休憩 | トップページ | 右脳復活 »

2007.08.15

煉瓦受け

煙突見積概略図、煙突施工報告書の作成等々。
見積概略図は既設煙突の改修であるのでFAXで送付された
数字が非常に判別しにくい図面を虫メガネで拡大して確認しながら
作図する。三角スケールで測ると1/200が近似の縮尺である。
確認していると50mクラスの内部煉瓦式RC煙突ではあるが
煉瓦受けが図面上で1ヶ所も存在しないことに気が付いた。
通常は15m~20m間隔で煉瓦受けが存在するが
図面上では見当たらない。50mクラスの煙突なので3~4ヶ所は
煉瓦受けがあるはずなのだが、これも設計者の意図なのだろうか?

高田馬場は夏休みということもあり学生が少なく
いつもより道が広く感じる。電車の中もいつもより混雑していない。
東京全体が夏休みであるかの様に感じる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

|

« 右脳の休憩 | トップページ | 右脳復活 »

煙突屋日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 煉瓦受け:

« 右脳の休憩 | トップページ | 右脳復活 »