« 移転 | トップページ | 大らかな時代 »

2007.09.18

寸法違い

煙突見積書作成及び見積用略図の作成等々。
昭和47年に作図された図面を元に煙突改修図面を作成する。
平面図を見ながら三角スケールで寸法を確認する…が
記載されている寸法とスケールでの寸法が合致しない。
おまけに合計の数値も異なる。寸法上では図面右側の「機械室」
の方が大きいはずであるのに左側の部屋の方が大きく見える。
合計数値も異なっているので三角スケールでの寸法によって決定することにした。

おそらく途中で柱スパンの設計変更等があり寸法のみ変更して
作図の手直しは省略したのであろう。
手書き図面にはよくあるパターンである…がCADによる作図も訂正忘れ等があり
手書き図面よりはミスが少ないものの決して正確とは言えないので
注意が必要である。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

|

« 移転 | トップページ | 大らかな時代 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寸法違い:

« 移転 | トップページ | 大らかな時代 »