« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007.10.30

色見本

平成7年に塗装実施した鋼板製煙突の再塗装計画書作成等々。
過去の報告書を確認すると本体はシルバーで社名文字書き部分の
色が紺色となっている。塗料色のマンセル記号が不明であるので
近似色を選ぼうと思っていたが平成7年当時の塗料注文FAXが見つかり
マンセル記号も記載されていた。
(社)日本塗料工業会発行の塗料用標準色見本帳(ポケット版)を
開いて近似色と写真を確認する。見本帳の表紙を見ると平成11年版と
なっており様々な御客様に貸し出ししたので、だいぶくたびれている。
ここ数年では殆どがグレー系やシルバー系の塗装であったので
新しい色見本を購入していなかった。
久しぶりに新しい見本帳を注文した。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.26

逆戻り

煙突見積書作成×3、煙突調査報告書作成等々。
先月に台風によって煙突の避雷針が脱落したとの
電話があり写真を送付して下さいという所で保留となっていた
煙突の写真がメールで届いていた。地上からの撮影なので
状況がはっきりとは見えないが拡大してみると頂部のコンクリートが
脱落し避雷針と梯子が共に倒れているように…見える。
約3年前の報告書を確認すると蛇腹部分の亀裂が多く補修をして
いたが、恐らく亀裂が拡大しコンクリートが脱落して梯子と避雷針が
倒れたものと思われる。当時、蛇腹部分をステンレスのバンドで補強
しましょうと提案及び見積を提出していたが御客様の予算の都合により
補強は行わずに補修だけとなっていた。
煙突の頂部は排ガスの影響もあり劣化し易くなる。

昨日は日本煙突業協会の第25回技術研修会であった。
テーマは建築基準法の改正と電気防蝕について協会員による発表があり
とても有意義で勉強になった。
終了後、懇親会があり会費は無料=タダ酒であったので、たらふく飲んだ。
帰りの電車で寝てしまい下車駅を一駅乗り過ごしてしまった。
終着駅まで行かなかったのは幸いである。
反対側のホームにたどり着き逆方向の電車に乗り込む。
寝過ごして逆戻りする時ほど虚しいものはない…

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.24

15年前の図面とFAX

煙突調査報告書の作成等々。
来月5年ぶりに調査を行う煙突について掃除口から内部に
ゴンドラが搬入できるか確認するために図面を捜索する。
5年前は掃除口から搬入できたが3年前にゴンドラが大きくなり
搬入できるか不明である。以前は500角の開口で搬入できたが
現在は横500、縦700は必要である。
新設当時の図面を見ると500×800となっているが内寸法か外寸法かは
分からない。
製作工場に確認すると新設当時のFAXがあり送付してもらった。
内寸法で500×800であり新型ゴンドラでも搬入できることが確認できた。
図面とFAXの日付は平成4年で15年前の資料である。
製作工場共に物持ちが良い。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.22

6400㎏減

煙突見積書及び煙突調査報告書の作成等々。
先週に再見積依頼があった物件であるが煙突本体の全長が
53m→40mになっており直径も少なくなっており内筒2本分なので
前回見積した数量よりも約6400㎏減量となった。
材料費が約150円/㎏なので単純に約100万円の減となる。
設計の工夫で節約となった。

先週の金曜に静岡県で煙突調査があり、帰りの高速道路サービスエリアで
「富士宮焼きそば」を購入した。生麺なので賞味期限が1週間であり
夕食でビールと共に食べてみた。
麺は蕎麦の様に細く、喉越しが良い。更にうどんの様な弾力性と食感がある。
適度な油と香ばしいソースが麺によく馴染んでおり味わい深い。
今まで食した焼そばの中で最もうまい…そしてビールによく合う。
「富士宮焼きそば」は噂通りの絶品であった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.18

また1日勘違い

煙突調査報告書及び煙突見積書の作成等々。
同じ案件で3回目の見積変更となるが最初の計画より
頂上部の地上高は変わらずに煙突の全長が徐々に短くなっており
今回は直径も小さくなっている。最初に見積もりした時よりも
鋼材価格が上昇しているので劇的な金額の減少はないが
鋼材の絶対量が少ないのでだいぶ安くなった。
元請殿の予算が厳しいのであろうか、設計を工夫している様である。

高田馬場駅前名物、ビックボックスがリニューアルオープンのはずなので
見学に行ってみる。著名な洋服店や居酒屋が新規にテナントとして入るらしく
側面には巨大な看板が掲げてあった。中に入ろうとすると工事中で
カラーコーンとコーンバーにより立入禁止となっている。
他の入口に向かうとやはり立入禁止である。
?と思いつつ正面に回ってみると大きく「10月19日リニューアルオープン」と
書いてあった。
また1日勘違いしていた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.16

内接円半径×0.828

煙突見積書及び煙突調査報告書の作成等々。
見積の塗装数量と外巻補強材数量の算出で煙突の外周を計算する。
煙突の形状が8角形であり一辺あたりの長さ計算式を思い出してみる…が
外接円半径×0.828か内接円半径×0.828であったか忘れてしまった。
様々な形状の数量計算式が記載されている「耐火物手帳」を開いて確認する。
正解は内接円半径×0.828であった。
同じ径の円形と比較すると外周はおよそ5%増加する。
煙突の形状は施工性、構造面、コスト面、通気抵抗の少なさという面からして
シンプルな円形が望ましい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.11

75番目

煙突構造計算書及び調査報告書の作成等々。
報告書の写真を整理して見直していると思っていたよりも
新規亀裂の発生が多かった。約3年前に補修を実施したが
補修済みの部分からも再度亀裂が発生している。
地震の影響であろうか。

(社)日本建築学会主催の「煙突構造指針 講習会」の参加券が
到着した。番号が記載されており75と記載されている。申込順の
番号であると思われる。開催は来月であるが定員数200名に対して
75番目ということらしい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.09

荷揚げ回数多数

煙突構造計算書の作成等々。
約4年前から煙突清掃点検や補修工事を毎年実施しており
今年も煙突清掃点検だけであったが御客様から耐震補強の
見積依頼があり、報告書作成前に構造計算しておくことにした。
4年前に頂いていた図面を開いて鉄筋量を確認する。
平成3年に設計されたので鉄筋量が多く、計算するまでもなく
震度7でも対応可能と思われる。煙突高さ59mに対し35.4m(60%)まで
ダブル配筋、41.3m(70%)までD25が使用されている。
計算してみるとやはり震度7でも対応可能であった。
D29以上は継手がガス圧接になるので煙突ではD25以下を使用して
本数を増やすことが多い。また上部ではD25だと1本あたりの鉄筋重量が
大きいのでD19位にして本数を増やすことが多い。
高さ59m位までのRC煙突新設の揚重設備はコスト削減のために
クレーンではなく大型ウインチを使用することが多く、吊り上げ能力が
低くなるので揚重回数は多くなる。
高さの7割までD25を使用しているので荷揚げが忙しかっただろうな、と思いつつ
計算を進めた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.05

1日違い

煙突の温度に関する資料提出、煙突清掃点検機材手配等。
機材手配の際に実施日を確認すると、予定していた日程より
実際には1日早かったことに気がついた。実施前後の移動日等を
調整し、若干厳しいスケジュールとなったが何とかうまく
収まるようになった…。が悪天候による予備日が少ないので
バクチ的要素が強いスケジュールとなってしまった。
点検等の短期では天候リスクが常に伴う。

高田馬場を私用の買物で歩いていると、カレー店が新規開店するという
看板が目に入る。前の店は…と思い出すとラーメン店であった。
ここ数年で高田馬場はラーメン激戦区となったらしく店の入れ替わりも
激しくなった。カレー店の看板を見ると「行列のできる店」とのこと。
もちろん並んでまでは食べたくないのでオープンしたらピーク時間を
ずらして行ってみようと思った。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.02

90分待ち

煙突改修工事の立会。
昨日、親類の不幸があったので御客様と資材置場や工程等の
打合せをして早々に帰途に着く。
職方に最寄り駅まで送ってもらい切符を購入しようとすると駅員の方曰く
「先程、電車が出たばかりなので次は90分後になりますが…」とのこと。
そう言われても…他に移動手段がないので切符を購入し待つことにした。
寒冷地なので冬場はつらいが、今はちょうど良い季候である。
風景を眺めたり、時刻表を調べたり、タバコをふかしつつ雑誌を読んでいると
90分はそれほど長くはなかった。ほどなく電車が到着し乗り込む。
ゆったりとした90分を満喫できた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »