« 餅は餅屋 | トップページ | 勝手に変換 »

2009.04.02

春の風物詩

煙突見積書、施工略図作成等々。
昨日、見積書の下書きを作成したがワイヤーソー重量とクレーン能力について気になったので
再度検討することにした。理想的には1パーツ3m以上としたかったが煙突径と壁厚が
大きいのでクレーン能力的に厳しい。能力の高いクレーンとすると使用料も増えるのでコスト面を
考慮すると100tがちょうど良い。1パーツを2mとするとちょうど良い重量となった。
安全、作業能力、施工性、工程、コストと様々な要素を考慮し、ベストな方法を決めることが重要である。

今日の高田馬場駅前は新歓コンパの待合わせでごった返し状態となっていた。
最近ではBIGBOX前ではなく駅前ロータリー内部の広場となっている。
通行人には邪魔にならず待合わせのプラカードも見易い。
いつもの「高田馬場駅前、春の風物詩」が始まった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

|

« 餅は餅屋 | トップページ | 勝手に変換 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の風物詩:

« 餅は餅屋 | トップページ | 勝手に変換 »