« 告示集と法令集 | トップページ | ありがたや »

2009.09.08

明確な基準

煙突構造計算書、参考資料作成等々。
御客様より脚長についての質問があった。電話で回答するが明確な記憶ではないので
参考文献をFAXで送付することにして一旦電話を切る。
記憶では明確な基準はなく母材厚さの80%~同程度だったと思っていた。
鋼構造計算規準やJASS6を開いて参考となる部分を確認する。
やはり、サイズに関しての目安とすべき基準の記載はあったが「脚長」という言葉自体の記述が無い。
一般的には脚長を多く取りすぎると溶接ひずみが大きくなり変形することも考えられる。
やはり母材厚さの80%位が妥当である。
サイズの記載部分を送付し電話で説明する。明確な基準がない場合、説明が難しい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

|

« 告示集と法令集 | トップページ | ありがたや »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明確な基準:

« 告示集と法令集 | トップページ | ありがたや »