« 鉄は熱いうちに | トップページ | 断面積と本数 »

2010.07.14

よくあるパターン

煙突施工図作成、修正、打合せ、見積等々。
内部煉瓦式RC製煙突調査の見積について図面が送付され確認する。
外部のコンクリート亀裂が下から見て分かるほどに発生しているらしいが、図面の
頂部仕舞方法を見て劣化傾向が想像できた。
排ガス突出速度を速めたいという意図は分かるが内部煉瓦式では無理のある方法であり
同じ劣化傾向となっている煙突である。
実際に煙突を見てみないと詳細は不明であるが、劣化状況と対策方法が想像できる。
「よくある劣化パターン」と言える。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

|

« 鉄は熱いうちに | トップページ | 断面積と本数 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よくあるパターン:

« 鉄は熱いうちに | トップページ | 断面積と本数 »