« よくあるパターン | トップページ | 受身 »

2010.07.16

断面積と本数

煙突見積書作成、見積略図作成等々。
鋼板製煙突新設の見積にあたって概略の構造計算を行う。
応力、断面算定をチェックしアンカーボルトの算定を行うが煙突の径が小さいので
本数とボルト断面のどちらをとるかのバランスが難しい。
最終的にボルト断面積を大きくして本数を減らして、ちょうどよいボルトピッチになるようにした。
人間の体と同様にバランスのとれたプロポーションとするのが望ましい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

|

« よくあるパターン | トップページ | 受身 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 断面積と本数:

« よくあるパターン | トップページ | 受身 »