« 10年経過後 | トップページ | 1ヶ月前 »

2010.10.01

長期耐用

午前中は現場下見、午後から煙突調査報告書作成等々。
RC製煙突の調査報告書で外部RCの亀裂状況と内部煉瓦の状況を確認する。
6年前と昨年に補修を実施しているので特に目立った亀裂は無く問題ない。
定期的な点検と軽微な段階での補修が煙突の長期耐用にとって重要である。

午前中に腕時計を見ると壁掛け時計の時刻から大幅に遅れていることに気がついた。
取り急ぎ時刻を修正し、現場移動中の電車内で見ていると電池が少なくなっている様で
秒針の上りでは動作が緩慢になり、下りでちょうど良い動きになっている。
前回の電池交換を思い出してみると3年前位…だろうか。
そろそろ電池交換の時期である。
煙突と同様に、定期的な電池交換とメンテナンスが長期耐用の秘訣である。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

|

« 10年経過後 | トップページ | 1ヶ月前 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長期耐用:

« 10年経過後 | トップページ | 1ヶ月前 »