« 自由設計 | トップページ | 内部側の重要性 »

2011.02.15

4本か8本か

煙突施工図作成等々。
煙突頂部補強リブの本数と配置について、しばし考える。
他の部材との干渉を考慮すると4本又は8本という選択肢となるが
運搬時の変形防止のためだけであり構造的な役割は無い。
4本にした場合の取付間隔と重量を確認し、撓み量を計算してみる…問題ないので4本とした。
構造的な役割が無いことと溶接ひずみを考慮すると、なるべく少ない方が望ましい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

|

« 自由設計 | トップページ | 内部側の重要性 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4本か8本か:

« 自由設計 | トップページ | 内部側の重要性 »