« 12年ぶり | トップページ | 喫煙室 »

2011.04.15

設計値と実測値

煙突施工図面の修正、見積書作成等々。
先日の実測結果を盛り込んだ施工図面の修正であるが
設計値よりも実測値の方が煙突直径で40mm程度大きかった。
円形煙突であるので円周ベースでは40×3.14=約126㎜大きいことになる。
木枠ではなく鉄板枠なので、より誤差が大きくなったものと思われる。
改修工事の場合では設計値だけに頼ることはリスクがある。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

|

« 12年ぶり | トップページ | 喫煙室 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 設計値と実測値:

« 12年ぶり | トップページ | 喫煙室 »