« 25tの次は | トップページ | 資料作成 »

2011.07.12

弾性変形領域内

午前中は雑用等、午後から煙突構造計算書作成等々。
普段は使用しない材料を用いての煙突構造計算であるが
建築基準法での規定が無いので材料メーカーカタログから諸元値を確認する。
降伏点が高い材料であるので地震力や強風時の応力を高めたとしても
弾性変形領域内で収まるので構造計算するまでもなく安全ではある…が
数値上の根拠を明示した上での設計は必要不可欠である。

「スーパークールビズ」が始まっているらしいが通勤電車の中では
軽装のビジネスマンをほとんど見かけない。
今年の夏は今までの常識を覆すことが強いられる生活習慣が求められているのに
服装は今まで通りの「クールビズ」止まりである。
服装を正してお客様に接するという「礼儀を重んじる」文化から離れることは
難しいのかもしれないが「節電」が求められている今に於いて合理的な服装で
業務を遂行することが「不真面目な勤務態度」とは思われない風潮になって欲しいものである。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

|

« 25tの次は | トップページ | 資料作成 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弾性変形領域内:

« 25tの次は | トップページ | 資料作成 »