« オープンチケット | トップページ | 異形鉄筋と丸鋼 »

2011.12.06

2種類の意味

煙突資料作成、構造計算書作成等々。
資料作成にあたって、何となく使用している「合番」の
正式な意味が気になったので調べてみる。
2種類の意味があり
①違う職種で現場に立ち会うこと
②取り合う部材に符号や文字をつけたもの
ということだった。
現場でよく使用するのは①の「相番」であるが、今回の場合は②である。
同じ語句であっても意味が若干異なる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

|

« オープンチケット | トップページ | 異形鉄筋と丸鋼 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2種類の意味:

« オープンチケット | トップページ | 異形鉄筋と丸鋼 »