« 2種類の意味 | トップページ | 施工者判断 »

2011.12.09

異形鉄筋と丸鋼

煙突構造計算書作成等々。
既設RC煙突に関する構造検討であるが何故か主筋は異形鉄筋で
帯筋は丸鋼が使用されている。
昭和50年代に建設されているが、その当時には異形鉄筋が普及しているはずである。
設計上では鉄筋種を変える意味が無いので予算上の理由と思われる。
内筒式に改修されているので構造的には問題ないが、建設当時の配筋する際には
違和感を感じていたものと思われる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

|

« 2種類の意味 | トップページ | 施工者判断 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異形鉄筋と丸鋼:

« 2種類の意味 | トップページ | 施工者判断 »