« 毛羽立ち | トップページ | 基礎形状と地上部形状 »

2012.05.29

3mm差

煙突新設見積書、見積用略図作成等々。
見積仕様書を確認しながらマーカーで着色する。
梯子や踊場、手摺等の細かい仕様が指示されており内容を確認する。
梯子踏子はRB19φ、側板はFB9×50を使用することとなっている。
通常使用する部材より3mm大きくなっているのであるが実際に握ってみないと感覚は分からない。
握る部分が太いと腕が疲れてくるものと思われる。
構造的に問題のない範囲でなるべく小さい部材の方が、つかみ易いものと思われる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい

|

« 毛羽立ち | トップページ | 基礎形状と地上部形状 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3mm差:

« 毛羽立ち | トップページ | 基礎形状と地上部形状 »