« 合計55m  | トップページ | 2社の選択肢 »

2013.11.08

棟上導体→避雷針形式

煙突補修工事施工図作成等々。
煙突頂部寸法確認のために新設当時の図面を確認する。
頂部の避雷設備は図面上で棟上導体になっているが現在では避雷針形式に変わっている。
恐らく腐食により破損し交換したものと思われる。
ダウンウォッシュの影響により煙突頂部は腐食しやすい環境となるので悲哀設備は
交換が容易な避雷針形式であることが望ましい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい
フェイスブックは
煙突専門、京誠工業

|

« 合計55m  | トップページ | 2社の選択肢 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 棟上導体→避雷針形式:

« 合計55m  | トップページ | 2社の選択肢 »