« 煙突見学コース | トップページ | 段継の限界 »

2014.02.25

計算違い

煙突解体見積書作成、鋼板製煙突の検査成績書作成等々。
RC製煙突の解体見積作成にあたり図面を確認し解体数量を算出する。
GL+5m地点の壁厚は図面上200と記載されているが、内径と外径の合計値が合致しない。
煙突地上高40m、最下部の壁厚290、最上部で230であるので、必然的に図面記載ミスであると思われる。
正規の数値で解体数量を算出する。
CAD作図の場合には数値上の整合性はすぐに判明できるが
手書き図面の場合は作図者の集中力と注意力に依る所が大きい。

煙突工事の基本  「安全」
煙突工事の3原則 「高品質」 「工期遵守」「適正価格」

煙突工事 煙突
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい
フェイスブックは
煙突専門、京誠工業
を御覧下さい

|

« 煙突見学コース | トップページ | 段継の限界 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 計算違い:

« 煙突見学コース | トップページ | 段継の限界 »