« 平和の象徴、誕生 | トップページ | 工場見学 »

2014.06.10

メンテナンス12回目

煙突構造計算書作成、煙突調査報告書作成等々。
鋼板製内筒煙突の板厚測定結果作成のため過去のCADデータを確認する。
過去のメンテナンス一覧表で実施念を確認するが、改めて見てみると
平成元年に初めての清掃点検を行ってから大規模な改修=内筒式改修を経て
測定孔交換や塗装、清掃点検など今回で12回目のメンテナンスとなる。
定期的なメンテナンスにより煙突の耐用年数は増えてゆく。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突専門業者
京誠工業 株式会社 ホームページは
煙突に関する一切の業務
を御覧下さい
フェイスブックは
煙突専門、京誠工業
を御覧下さい

|

« 平和の象徴、誕生 | トップページ | 工場見学 »

煙突」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メンテナンス12回目:

« 平和の象徴、誕生 | トップページ | 工場見学 »