日々是勉強

煙突施工図の変更、煙突ライニング資料の作成等々。
夕方からお盆の迎え火の為、早退する。
先週から実施していた鋼板製煙突の建方工事がようやく終了した。
初日に予想外のアクシデントがあり、一時はどうなるかと心配で
夜も中々寝付けなかったが何とか予定工期通りに終了した。
これもひとえに
・各職方が残業等で工期の遅れを挽回してくれたこと
・元請殿の迅速な工具手配
・下請殿が作業効率が向上する設備を持参してくれたこと
によるものが大きい。
改めて一つの仕事とは様々な方々の協力無くしては成立しないと感じた。

今回の現場では反省すべき点、改善すべき点の発見が多く
とても勉強になった。
先代が好きだった元経団連名誉会長の名言で
「失敗は終わりではない。その失敗を反省し成功に結びつければよい」
というものがある。今回の教訓を今後の仕事に活かしたい。
煙突屋は日々是勉強である。

お盆に工事終了という偶然の一致は、先代が今回の失敗を反省し
今後の仕事に結びつけなさいと言ってくれているのかもしれない。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーバースペック

煙突検査成績書の作成、煙突見積書と概略図の作成等々。
昼前に御得意様から今日中に見積提出依頼が入る。
構造計算→概略図→見積というパターンならば今日中には
無理かなと思ったが話を聞くと、図面は既に出来ているとのこと。
早速図面をメールでもらい内容を確認すると
煙突本体はSS400で頂部や雨仕舞がSUS316となっている。
SS400の材料費が90円後半~100円/㎏に対して
SUS316の材料費は1300円/㎏前後である。
ガス成分が良いのでSUS304で充分ではないかと思い
御客様に確認すると設計事務所の指定であるとのこと。
その他、煙突の使用用途に対してオーバースペックとも言える
仕様であった。
公共施設なので「税金の無駄遣いではないか」と思いつつ
数量計算→見積と進めてゆく。
案の定、煙突本体よりも付帯設備の方が高価格となってしまった。
見積依頼から約3時間後には提出できた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サービス

確認申請書の作成及び煙突見積用構造計算等々。
建築物の確認申請書の作成であるが依頼された会社には
値引きやその他サービスを行ってもらうことにより無償にて行っている。
(正確には飲み屋2軒分ご馳走になったのだが)
工作物(煙突)以外の確認申請書作成は初めてなので
細かい部分を法令集で確認し書式の記載例や
管轄の建築指導課に建蔽率や容積率を確認する。
無償のサービス仕事ではあるが知識の再確認にも
役立ったので勉強になった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無作為抽出

午前中は雑用、午後から煙突通気力計算書
煙突構造計算書の作成等々。
日曜日から昨日まで出張であったので机上には
書類が山積していた。月初ということもあり書類が多く
整理だけで午前中が過ぎてしまった。
書類の中に「建設工事施工統計調査」があった。
国土交通省で実施しているらしいのだが3年前に
初めて書類が来てから毎年送付されてくる。
強制ではないが提出しないと督促される。
なぜ当社が選定されたのですか?と過去に電話で
問い合わせたところ「無作為抽出です、協力下さい」とのこと。
書類作成では昨年の完工高を全て調べなければならないので
結構時間がかかり、協力しても謝礼は全く無い。
提出期限まで時間があるので後回しとすることにした。
再度抽出し直して頂きたいのだが…

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紙模型

煙突調査報告書、煙突図面の作成等々。
以前に作成した図面の修正であるが再度、自身で
確認することと製作工場に説明し易くするために
紙模型を作成した。
かつて無い程の大作となった。
模型で三次元的に確認するとイメージし易い。

Photo_2


煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煙突問題研究会

煙突拡散計算書、見積書、略図の作成等々。
久しぶりに煙道の通気力計算も行ったので
計算式確認の為に空気調和衛生工学会規格
「煙突計算基準」を手に取る。すると昭和57年発行の
煙突問題研究会による「鉄筋コンクリート造独立煙突の
点検・補修基準」も一緒に取ってしまった。
日本煙突業協会が主体となって発行されたが
久しぶりに開いてみた。現在では炭素繊維補強等
新たな補強方法があるので若干内容が古いが
簡潔で分かり易く、書籍の完成度は高い。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資料移動

午前中は煙突見積書及び見積概略図の作成。
午後から煙突調査報告書の作成等々。
約6年前に内筒式に改修した煙突の測定孔交換について
御客様から問合せがあった。早速、過去の報告書や図面等の資料を
確認する。図面はCADデータで保存しているので直ぐに出てきたが
報告書があるはずの保管箱を探しても見当たらない。
?と思って隣の箱を見てみると手書きで現場名が書いてある。
その現場は昭和時代からの報告書が全て存在するので
量が多くなり去年に移動したことを思い出した。
箱を引っ張り出すと報告書が10冊以上出てきた。
最新の調査報告書だけを取り出して確認する。
新設の約10年後から調査や補修、塗装、改修を実施しており
煙突の外観が徐々に変化してゆく様子が分かり面白い。
定期的なメンテナンスによって煙突の耐用年数は長くなる。

高田馬場駅内で「10円まんじゅう」が仮設店舗で販売されていた。
1箱24個入りで240円で販売されている。
立ち止まって眺めていると行列ができてはいるが回転が速い。
行列嫌いではあるが、物の試しに並んでみた。
すると1分位で自分の番になり1箱購入した。
このくらいの行列であればストレスは感じない。
まんじゅうは出来立てで箱がほんのりと暖かく、家に帰って
酒のつまみとして食べてみた。1口サイズで味は想像したよりも
おいしかった。行列ができるのも分かる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全て即答

現場にて施工前の安全工法検討会の立会。
事前に厳しい質問があることが予想されていたが
施工計画書の内容を普段より綿密にしたことと
予想より参加人数が少なかったことにより
質問事項は少なく、即答できる内容であった。
質問内容が難しい場合、その場で説明できず「宿題」として
後日回答することもある。
見積の段階から安全に施工できて構造的にもクリアして
なるべく安くなる方法で計画しているので自信を持って回答できる。

着工前の安全工法検討会に於いて過去最高の参加人数は15人で
2時間かかった。
施工内容と工法の説明に約30分、15人分の質疑応答で
約1時間、現場確認で約30分、合計2時間であった。
今回は時間も少なく質問事項も少なかったので気分的にも
楽だった。

今年初めて移動中のみノーネクタイの「クールビズ仕様」としてみた。
体感温度が全く異なりネクタイのあるなしでこうも違うのかと思った。
とある雑誌で読んだのだが、ネクタイは防寒用具として開発されたらしい。
夏に防寒用具は不要である。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10mの差

煙突施工計画書及び煙突資料作成等々。
昨日提出した50m煙突の見積について高さ60mにて
再見積との連絡が入る。
50mでは独立形式で構造計算上の余裕を持った見積としていたが
60mとなると建築基準法では「超高層建築物」となるので
構造計算の大臣認定(及び動的解析)、航空法での航空障害灯の
設置等 法令上の規制の検討が必要になる。
更に、共振風速の検討も必要になる。
概略で検討した結果、独立形式ではかなり困難であり
支枠付の煙突として見積することにした。
おそらく、昨日提出した見積の1.5倍~2倍近くの金額となることが
予想される。
最近では鋼材の価格上昇が著しいので50m以上の高い煙突に於いて
鋼板製煙突で見積するのはリスクが非常に高い。
VE提案として内部煉瓦式のRC煙突も見積することにした。

煙突屋には要求される性能と品質を満たしつつコストダウンを目指す
計画能力が必要とされる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3㎏減

鋼板製煙突の製品検査。
一昨日移動し、昨日は鋼板製煙突の調査であった。
高さ82mの支枠形式で写真撮影とビデオ撮影を行った。
職方がデジタルカメラ、私がビデオカメラという役割分担で
調査位置の把握の為に、久しぶりに煙突を登った。
約20m毎に踊場があるので昇降は非常に楽ではあったが
日頃の運動不足もたたって息切れしてしまった。
踊場で充分な休憩をして時間をかけて悪所の確認を
しながら昇降する。
煙突は海に近い場所にあり頂上付近では海と山の両方の景色が
見渡せて眺めが良く爽快であった。

自分の基準で息切れせずに昇降できる煙突高さは40mである。
梯子の踏子は300なので単純に計算すると133段×2回=
往復266段となる。
それ以上は手が痛くなるし足も疲れてくる。
案の定、今朝起きると足と腕の筋肉痛・手にはマメができていた。

往路の飛行機で手荷物を預けた時には18㎏であった。
調査後に望遠カメラを職方に預けて打合せ用の書類を製作工場に
渡したので復路の手荷物重量は15㎏となり3kg減少した。
自分の体重も簡単に減るといいのだが…

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只今改装中

煙突調査用の資料、準備等々。
調査翌日に煙突製品検査の予定であるので
打合せ用の資料まとめコピー等も行う。
難易度が高いので紙模型も持参する予定である。
資料が多くなってしまったのでいつもより大きいバックを
持参する。

高田馬場駅前のBIGBOXが現在改装中であり内部店舗は
10月まで休業となっている。
子供の頃にオープンしたので少なくとも建築後30年以上は
経過している。
中でもいつも利用していた旅行代理店と100円ショップの
休業が大きい。航空券やレンタカーはFAXを送付して
並ばずに受け取ることができて便利であった。
100円ショップは工事で使えるちょっとした道具を購入していたが
他の店はだいぶ遠い所にある。
少しの間だけではあるが不便になる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

効率と満足度

煙突施工計画書の作成等々。
ゴンドラ仮設作業標準図(ポンチ絵)パターンは
およそ20種類作成し保有しているが、今回の場合
親綱の設置位置が標準図と微妙に異なるので
新たなパターンを作成してみた。
「作業標準図ですので図とは若干異なる場合があります」と
注記していても安全面について様々な指摘があるので
次第にパターンは増加してゆく。

今日は暑かったので昼食は「つけ麺」で有名なラーメン店に
行こうと思い混雑を避ける為に少し早めに行く…が
既に店内は満席、かつ10人位の行列が目に入る。
当然、素通りして空腹を抑えつつ別の候補店に向かう。
そこでは行列は無いが満席であった。「たしか注文してから
商品提供まで15分位かかったはず」と思い出すと空腹が
店に入ることを拒んだ。
結局、チェーン店のそば屋に入る。注文してから商品提供まで
約30秒、空腹感はすばやく満たされた。
高田馬場の飲食店は2極化している。
「リーズナブルかつ商品提供が早い」という店と「商品提供は遅いが
味の面で満足度が高い」という店である。
前者は、早期に空腹を満たすという面では効率的ではあるが
味に対する満足度はそれなりである。
後者は味の満足度は高いが早期に空腹を満たすという効率が劣る。

江戸っ子は前者を選択する…と思う。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看板変更

煙突施工図面の出力その他打合せ用資料作成
午後から御客様訪問、打合せ等々。
移動中に電車からの風景を眺めていると鋼材メーカーの
看板が変わっていることに気がついた。
その路線に乗車したのは半年ぶり位であろうか。
以前の看板はステンレスの記述について非常にインパクトのある
宣伝文句であったので記憶に残っていたが変更後の看板は
「きれいだな」という印象が残って、鋼材への印象が
少なくなってしまった様にも思われる。
看板のデザインと文章が違うだけで全く異なるイメージを
与えるものだと感心しながら車内から看板を眺めてみた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難易度 高

煙突施工図面作成及び煙突見積書作成等々。
煙突サポート部材が難しく図面作成に予想以上の
時間がかかってしまった。
頭の中でイメージするのが難しい場合は「紙模型」を作成する。
今回も作成してみたが納まりが難しく、2転3転…ようやく
安全かつ高品質の施工ができると思われる方法で作図できた。
ここ最近では難易度の高い現場である。
難易度の高い現場ほど記憶に残るものである。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年に1回

煙突施工図面の作成及び雑用等々。
賠償保険と労災上乗せ保険の更新手続き及び新規加入の
工事機材保険について以前から保障内容と金額を問い合わせ
していたが担当者の不在、当方の出張・不在によりなかなか
連絡が取れずようやく今日になって確認ができて手続きを完了した。
今年に溶接機とプラズマカッターを新規購入したので
工事機材保険も追加することになった。
機械の破損だけでなく盗難にも対応できるとのこと。
ついでに更新時期は先であるが職方の車両任意保険も
更新手続きを行った。
年に1回の手続きであるが時の流れを早く感じる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (1)

御勇退

煙突施工図面の作成等々。
午前中は税理士の先生が御勇退されるとのことで後任の
先生と共に来社、打ち合わせ等を行った。
当社で長年御世話になっていたが82歳になられるとのこと。
長年、御協力頂いたことに感謝と敬意をはらって
引継ぎ業務を行って頂いた。
82歳になっても現役で業務遂行可能な体力と能力を持続しているのは
尊敬以外の何物でもない。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工事屋の名誉

午前中は煙突図面作成、連絡等々。
出張後なので連絡事項が多数ありFAXやメールで連絡して
いると時間切れとなってしまい会社を出た。
午後からはプラントメーカー殿の安全大会に出席、安全表彰を頂いた。
安全表彰を頂くことは工事屋にとって、最大の名誉である。
これからも安全作業を第一として切磋琢磨してゆきたい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛み多数

日本煙突業協会の懇親ゴルフ参加。
昨日は総会であった。秋の技術研修会テーマその他議題が
多数あり充実した内容であった。
技術研修会のテーマは建築基準法その他の法改正について
提案されタイムリーなテーマの予定となった。
総会後、宿泊し本日の懇親ゴルフとなったが宿泊での総会は
3年ぶりである。

ゴルフの方は…前半戦はパーもあり調子良かったが
後半戦はバテてしまい結局前回と同じ様なスコアとなった。
日焼けによる顔と腕の痛み、手のマメによる痛み
足の筋肉痛、肩こりで痛みが多数発生した。
スコアが良くないことによる心の痛みを含めて
ゴルフとは痛みが多数発生するスポーツであると
改めて感じた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最終ページ

煙突構造計算書訂正、参考資料作成及び材料手配等々。
訂正は2件あり、偶然にも両方とも最終ページであった。
1件は東日本方面で施工後の結果を踏まえたものを、もう1件は
西日本方面で施工前であり単純なワープロミスを訂正したものであった。
両方とも1行分の訂正であったので、すぐに訂正版を提出した。

日本煙突業協会の総会及び親睦ゴルフがあるので先週末に今年初の
ゴルフ練習場に行った。
最近ではゴルフブームが盛り上がっているのであろうか、練習場は
順番待ちになっていた。
ボールを打ち込むこと1箱…2箱…
相変わらず自分はゴルフセンスに恵まれていない。
気持ちを切り替えてゴルフではなく新緑の季節を感じて日光浴をしながら
ウォーキングを楽しむことを主目的とすることにした。
そう考えるとスコアを気にせずにゴルフを楽しむことができる…と思われる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子辞書

煙突構造計算書及び見積書の作成等々。
見積書作成中に「瑕疵担保」という漢字が思い出せず
電子辞書で確認する。
普通の辞書の方が脳の訓練となるので良いのだが
保管スペースが多くなることと調べるのに時間がかかるので
電子辞書を使用している。
しかし、電子辞書では探している言葉が登録されていない
場合もあり、結局は辞書や広辞苑で調べることも多い。

昼食をコンビニエンスストアで物色していると
「冷やし中華」が目に入る。
季節の移り変わりを感じながら今年初の冷やし中華を
堪能した。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小数点1ケタ以下

煙突構造計算書の訂正等々。
確認申請書の質問で図面では板厚6㎜になっているが
計算では9㎜で計算しているという指摘があり
全てやり直しとなった。
間違えた部分の検討長さは短く、更にだいぶ余裕をもった
設計をしていたので計算するまでもなく問題ありませんと即答した。
再計算すると重量で500㎏程度の誤差、応力では小数点1ケタ以下の
誤差となり問題無い。
差し替え用の構造計算書を作成し郵送した。
最初に提出する前には充分にチェックした…つもりであったが
急ぎで作成したので見落としがあったらしい。
今回は致命的なミスとはならなかったが、改めて
確認の重要性を再認識した。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3年ぶりと9年ぶり

煙突調査報告書の作成等々。
約3年ぶりに同業者から連絡が入る。
約9年前に補修工事を行った煙突で設計事務所殿から
問い合わせがあったので連絡して欲しいとのこと。
連絡し内容を確認すると、民間工場の煙突であったが
工場をショッピングセンターに建て替えして煙突は
シンボルマークとして残したいので耐震性能について
資料があったら提出して欲しいとのことだった。
資料を引っ張り出して確認すると昭和40年代の新設当時の
煙突図面があった。
図面を見るとRC製煙突、高さ30mで上部の鉄筋量は13φが30本と
構造計算するまでもなく耐震性能が低い。
設計事務所殿には煙突を残しておくと危険なので解体撤去することを
推薦した。
約9年前の資料であるが10分位で比較的早く発見できた。
場合によっては資料捜索で半日費やしてしまうこともある。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餅は餅屋

煙突調査報告書、煙突施工計画書の作成等々。
キャスタブル吹付の見積依頼があり内容を確認すると
当社保有機械では対応できない煙突高さであった。
よって耐火物の販売代理店かつ吹付機械を多数保有する
業者を紹介した。「餅は餅屋」といった所である。

午後から煙突施工計画書のクレーン配置計画について試行錯誤する。
現場が狭く、CADで作業半径と定格荷重、煙突配置を確認しながら
クレーン設置位置を工夫してみる。
机上の計画では煙突屋が考える「安全かつ合理的な」配置位置
とするのだが、最終的な判断はクレーンオペレーターに委ねられるので
計画変更となる場合もある。
安全作業が第一であるので、実際に作業する人の意見が最優先となる。
これも「餅は餅屋」といった所である。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半袖の季節

煙突見積書及び煙突施工計画書の作成等々。
連休明けなので今ひとつペースが上がらない。
特に見積書は下書き段階から清書が出来上がるまで
3回程「見積漏れ」があり提出まで時間がかかってしまった。
気分転換に外出しつつ雑用を済ませる。
今日は気温が高く半袖でちょうど良い位の気候であった。
初夏の高田馬場を歩きながら
季節の移り変わりを感じることができた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積載荷重

午前中は建設鋲打ち銃の検査の為に警察署へ訪問。
午後から煙突施工図面の作成等々。
定期検査は4月であったが出張等重なり御願いして
延期して頂いていた。
自転車に鋲打ち銃を乗せて警察署に向かおうとするが
タイヤがだいぶ苦しそうに…見える。
積載荷重は100㎏まではいっていない筈であるがタイヤの悲鳴を
聞きながら自転車をこいで行く。
行きと帰りのルートを変えて高田馬場の街並みの変化を
確認しながらサイクリングを楽しんだ。
警察署に行くと緊張してしまうのは何故だろう?

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磁性金属管

煙突図面作成等々。
避雷設備の詳細図作成の為に避雷設備のカタログを久しぶりに
開いてみる。
避雷支持管の部分を見ているとステンレス管は磁性金属管とされている。
今までステンレスは磁性がないものと思い込んでいたので
調べてみる。
オーステナイト系は磁性無しであるが、フェライト系やマルテンサイト系は
磁性ありとされている。ステンレスの製造過程によって磁性を帯びるらしい。

カタログを読み込むと磁性金属管は電気を通しにくいので管外導線方式と
するがステンレスでも所定の断面積が確保されていれば
管体導線方式でも良いとなっている。

避雷設備の基本は「雷を効果的に捕集して人体や構造物に被害が無い様に
安全に地中へ電気を流すこと」である。よって受雷部分は電気抵抗が
少ない構造とし、安全に地中へと電気を通すことが求められる。
結局、今まで発注していた方式で問題無いことが分かった。
調べる為に1時間以上かかってしまったが「日々是勉強」である。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超音波厚さ計

煙突施工図面の作成、雑用等々。
現在補修作業中の煙突について急遽
SUS316L製嵩上げ材部分の板厚測定を行うこととなり
超音波厚さ計を現場に宅急便で送付する。
約3年前に施工したが嵩上げ材の腐食進行度が早く
板厚測定によって劣化進行度を確認することとなった。
当社には超音波厚さ計が2つあり両方とも日本製である。
最近では外国製の超音波厚さ計もあるがメインの厚さ表示が
「インチ」単位であることが多く、扱いにくい。
やはり「ミリ」単位表示がメインであることが馴染みやすい。

ゴールデンウィーク中の各現場の週間天気予報を確認する。
4月中は雨が多かったが天気予報では晴れの日が多いようである。
煙突屋にとってゴールデンウィーク中は定修工事が多いので
天候が良いことが望ましい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

煙突に関する一切の業務
京誠工業 株式会社 ホームページは
http://www.entotsu.biz/
を御覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

右脳と左脳の活用

煙突図面作成、完了検査申請書作成等々。
先週打ち合わせした内容を反映する為に図面変更を行う。
煙道配置が複雑でメモを見ながら確認しつつ配置を検討する。
施行しやすく立体面を考えながら試行錯誤して図面を書くので
どうしても時間がかかる。
図面上で書いた配置位置に今ひとつ確信が持てないので
模型を作成して立体面を確認しつつ作図する。
次第に右脳が疲れてきたような気がしたので気分転換として
完了検査申請書を作成する。
法令集の条文を確認し内容を理解することは左脳が活用できる。
煙突屋は左右両方の脳を活用できる様な気がする。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作業スペース

昨日に引き続き煙突解体見積書及び見積概略図の作成等々。
以前に提出した解体見積よりも作業内容が少なく
解体材は場内処分とし産廃処理費用が無いので
金額的には半分以下になった。
詳細な状況、特に煙突周辺の状況が不明であるので
概算見積とし、値引代なしで提出した。

ごみ焼却場煙突の場合は敷地が広く、ごみ収集車両の
搬入路が確保されており小学生の社会科見学コースとしても
利用されることがあるので煙突周囲は障害物が少なく
補修工事の時に充分な作業スペースが確保されていることが多い。

民間工場煙突の場合は煙突の建設後に建屋の増築・機械類の
増設等で煙突の周囲は充分な作業スペースが無い場合がある。
民間工場煙突の解体時には周囲の建屋や機械類の養生、解体材の
搬出路等が必要になる場合もある。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4つのキーワード

煙突見積略図3パターンの作成等々。
御客様から煙突解体について見積依頼が入る。
話を聞いていると昨年、別の御客様経由で
見積した…様な気がする。
①同じ県②同じ煙突高さ③現在使用しておらず解体する
④民間工場という4つのキーワードが一致する。
エンドユーザー名を告げると確認して連絡するとのこと。
約15分後連絡が入る、やはり昨年見積した煙突と同じであった。
但し見積依頼は解体範囲が少なくなっているので
再度数量計算することになった。
新設当時の図面は、まだ保管してあったので確認しながら
見積書を作成する。
計画が頓挫したものと思っていたが再度復活したようである。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9年ぶり

現場での煙突打合せ。
ここ最近は新幹線や車での移動が多く
久しぶりに飛行機での移動となった。
約9年前に隣の市で工事をして以来の訪問となるが現在では
市町村合併により同じ市になっている。
空港からレンタカーで現場に向かいながら9年前を思い出す。
確認申請がなかなか下りなくて数回、説明に訪問した。
当時は民間での確認申請制度が無かったので管轄する建築主事に
提出していた。
結局、現場工事を含めると4回訪問した様な気がする…が定かではない。

打合せ終了後、空港に戻ると飛行機の出発まで2時間ああったので
ゆっくりと土産物店を物色する。今回は荷物が多いので
空港内レストランで食べることにした。
ビールと共に様々な名産品を堪能しながら旅の疲れを癒す。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴男

午前中は私用により休み、午後から煙突施工図面の修正及び
昨日からの調査結果による煙突構造計算等々。
構造計算の続きを行うが、予想通り震度6強程度の振動加速度でも
問題ない結果となった。
「煙突構造設計施工指針」では主筋量0.5%以上が推奨されているが
今回の煙突では主筋量の最低値1.23%、最大値2.86%となっている。
一般的には上部で1%前後、中間部で1.5~2%、下部で2~2.5%程度の
鉄筋量を設計するので設計上でも問題ない。
新設煙突とは異なり、年数が経過した煙突に於いては、地震の継続時間
震源地からの距離・建設年度からの経過年数・鉄筋の腐食程度等々によって
結果が異なるので、いわゆる「もつ、もたない」という観点から
「震度○までもちます」と言うのは断言が難しいのであるが
今回調査した煙突では充分な保有耐力があるので
「震度7相当以上の耐震性能がある煙突」と断言できる。

今日は先代の命日であるので午前中に墓参りに行った。
墓参りの日には「晴れ」の日が圧倒的に多く、今日も晴れであった。
親子共々「晴男」なのであろうか。
先代が亡くなってから早4年、散りゆく桜のシャワーに包まれながら
4年前をしみじみと思い出す。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コピーのコピー

煙突施工図面の訂正、煙突調査結果に基づく構造計算書の作成等々。
構造計算書はコンクリートコアの圧縮強度試験結果に基づいた数値及び
既存の煙突図面による鉄筋本数によって計算する。
コピーのコピー図面であるが数字が比較的判別しやすい。
パッと見た所、鉄筋量は多いので計算しなくても保有耐力は
充分であることが推測できる。
新耐震以降の設計であるので鉄筋量は多く設計されている。

新学期が始まったことにより高田馬場の人通りも多くなり
活気があふれてきた。いつもの「学生街」としての街並みが戻ってきた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新JISマーク

午前中は私用休み、午後から煙突図面のチェック及び
確認申請書の作成等々。
図面を一度出力し内容を確認すると全ての図面で1カ所づつ
消し忘れや表示間違いがあった。
配置図を除いて、確認申請書の第一面・二面、案内図
施工図面、構造計算書を揃えてまとめる。
御客様には提出予定期限より1日早く提出できることになった。

いつもコンクリートコアの試験を依頼している試験所の新しいパンフレットを
入手したので中身を見てみる。コンクリートコアの試験だけしか
依頼したことがないので、その他の業務内容は知らなかったが
ISOの審査やJIS認定、材料認定業務も行っているらしい。
今回初めて知ったのだが工業標準化法の改正により新JISマーク制度が
導入され既に運用されているらしい。
最近では法改正や制度改正が多いので定期的な情報収集が必要である。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シリコン系とウレタン系

煙突施工図面の作成等々。
今日中に終わらせる予定であったが作図中に基礎図面の
作図スペースが無いことに気がついた。
その他の図面を大きめの縮尺で作図していたので基礎図面が
収まらず、やむなくもう一枚新規図面を作図する。
「図面枚数はなるべく少なく凝縮して書くこと」というのは先代の教え。
図面枚数が多くなると御客様にとっては見づらくなるし間違いの元となる。
煙突の図面はなるべく少ない枚数で万人に理解されやすい図面が望ましい。

塗料についてカタログを提出することになり、煙突が海岸に近いので
耐塩害性能が高い塗料を推薦する…が、シリコン系とウレタン系どちらを
推薦すべきか迷ってしまった。塗料屋に確認するとシリコン系であると
即答された。さすが「餅は餅屋」といった所である。

ようやく花粉飛散が少なくなってきたなと思っていたが、ここ数日は
飛散量が多く、目のかゆみは無くなってきた一方で鼻水が多くなってきた。
「堪え忍ぶ春」はまだまだ続くらしい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見積と図面

煙突見積書3件作成後、煙突図面の作成。
見積書はそれぞれ違う内容で全く別の場所であったので
注意しながら内容を確認しつつ提出する。
その内の一件は既存煙突の調査であったが図面を見ると
構造計算しなくても鉄筋量が少ないと感じた。
時間があれば概略の構造計算をしてみるのだが時間がなかったので
建設年度を確認する。
やはり、新耐震以前の基準により設計されたようである。
鉄筋量が少ないのは止むを得ない。
提出後、図面を作成していると煙突直径が大きいように思えた。
ある程度書き終えた段階で再確認すると見積した現場と間違えて図面を
書いていた。高さは同じであるが直径が異なる。
愕然としながら再度書き直す。
改めて確認作業は重要であると感じた。

最近の高田馬場は春休み中であるので特に朝の時間帯での人通りが少ない。
いつもより広く感じる道を歩きながら、いつもより静かな街並みによって季節を感じる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入念なチェック

煙突見積書・概略図の作成後、中断していた煙突構造計算書の
作成等々。
見積書と概略図の作成は午前中を予定していたが御客様の仕様が
ゴージャスなスペックであるので見積項目が多く、見積漏れにより
2回手戻りとなってしまった。結局、予定時間より2時間オーバーと
なってしまった。提出前に再度入念なチェックを行って提出したつもり…
であったが提出後に煙突内部の仮設梯子を入れ忘れていたことに気がついた。
全体金額に対して僅かな金額であるのでサービスの範疇ではある。
見積提出後、中断していた構造計算書を再開する。
ほぼ、完成していたが再度入念なチェックを行う。
するとベース部分の板厚を下げられることに気がついた。
板厚を下げても構造的には問題ないが、劇的に金額が下がるという
程では無い。既に概略図で板厚を明記しており、変に誤解されても困るので
当初の予定通りとした。

妻と子供が里帰り中なので夕食は高田馬場で外食することにした。
「焼肉補助金」が支給されていたので、久しぶりに和牛専門で高田馬場では
数少ないレバ刺しを提供する店に行く。
レバ刺しを頼むと他のテーブルでも同時に注文があり、レバ刺しが3連続で
順番に各テーブルに提供されていった。
今年初のレバ刺しを充分に堪能できた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨男と晴男

先月アンカーボルトを設置した煙突の建方立会。
天気予報では雨のち晴れとなっており朝に宿を出るときには
小雨状態であったが朝礼→新規入場者教育が終わる頃には
晴れになっていた。雨の時には寒くて冬用ジャンバーを着込んだが
晴れてくると気温が上がり、汗をかくほどになっていた。
工事はトラブル無く予定通り午前中に終了した。

ついに新幹線が全席禁煙となった。
その代わりに仙台駅と上野駅新幹線ホームに喫煙室が設置されている。
新幹線の全駅で喫煙室が設置されたらしい。
発車間際までタバコを吸いながら景色を眺める。
喫煙者にとっては益々肩身の狭い状況になっている。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M12まで

煙突建方の立会。
建方まではスムースに済んだが、途中でナットが足りないことに気づく。
近辺のホームセンターや金物店を会社で探してもらい購入に行く。
現場から最も近いのはホームセンターであるが「もしかしてM16は無いかも」
と思いつつボルトコーナーに向かう。
やはりM12までしか置いていない。
ホームセンターは品揃えは豊富であるが、いわゆる「売れ筋」の商品が
中心であるので煙突で使用する材料が無い場合もある。
逆に仮設品・消耗品は金物店より安い場合が多い。
2軒目の金物店ではM16の在庫があったので購入して現場に戻る。
同じ市内であるが1時間半かかってしまった。

若干の残業になったが無事工事終了となった。
日の入りが遅くなってきたので屋外作業も残業可能な季節になった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基準風速38m/sec

煙突見積書作成のための概略構造計算及び見積書作成等々。
煙突設置予定地が海岸付近なので念のため基準風速を
法令集で確認する。
一般地域は30m/secであるが調べると38m/secであった。
いつもは自治体の建築指導課等に地表面粗度区分を確認するが
概略なので安全側の粗度区分Ⅱとする。
計算を進めると風直角方向よりも風方向の方が応力が大きくなった。
煙突の場合、通常は風方向よりも風直角方向の方が応力大となるのだが
今回は煙突直径が小さいことと基準風速が大きいので風方向の方が
応力大となったものと思われる。
基準風速は10分間平均風速なので最大瞬間風速では突風率1.5~2とすると
基準風速38m/secの場合、最大瞬間風速は57~76m/sec相当となる。
海岸地域なので妥当な風速である。

妻と子供が旅行中なので夕食は外食とした。
Y社の牛丼が夜でも提供されるようになったので2年ぶり位に食べに行く。
期間限定復活の時には行列で並ぶのを断念したが、今日は空席もあり
ゆっくりと堪能できた。
「行列のできる店」とは縁遠い。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンケン自沈

煙突施行計画書の作成、雑用等々。
御客様と電話打合せ中に、先週提出した「田んぼ並み」地盤の
煙突見積書の話題が出る。
見積提出後に気がついたのだがボーリングデータをよく見ると
地下5m位までN値ゼロで横に小さい文字で「モンケン自沈」と記載されていた。
つまり標準貫入試験用の機材を配置しただけで自重によって
沈んだことになる。
その後、どの様に試験したのかは不明であるが地下25m位でようやく
N値が出て30m位で支持地盤に到達したことが試験結果から読み取れる。
御客様に話を聞くと埋立地で、試験結果の通り非常に軟弱な
地盤であるとのこと。
まず最初に地盤改良工事が必要であると思われる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真ん中で

「建築士のための指定講習会」に参加する。
内容は建築基準法・建築士法等の「最近の法改正について」
「シックハウス」「アスベスト対策」等々であった。
どれも為になる内容であり充実した講習会であった。
特に、テキストは去年作成された後に今年に入っても改正されているので
最新内容が盛り込まれており、とても充実している。
なおかつ、非売品とのことで価値があるものである。
法改正については集中して勉強できる機会がないので
とても分かり易く、ためになった。
最新の情報を取得できる良い機会であった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイズ多数

煙突見積書作成、機材手配等々。
ゴンドラを手配後にクレーン手配をする。
記憶ではクレーン能力に余裕があったので予定通りのクレーン
作業依頼をFAX送付したが念のため能力表で確認する。
作業半径10m、定格荷重5.6tに対して吊上荷重2.5tであるので
2倍以上の余裕がある。実際の現場状況は作業半径5m位まで
短縮できるので更に余裕ができる。
だいぶ余裕があるなと思い、図面で再確認すると重量は同じであるが
煙突高さは記憶よりも低かった。別の現場と勘違いしていたらしい。
クレーンは問題ないがゴンドラのワイヤーが長すぎる。
ワイヤーと親綱長さを短くして再度ゴンドラ屋にFAX注文した。

会社帰りに明日の講習会で使用する証明写真を撮影する。
お金を入れてイスの高さを調整していると「写真のサイズを選択せよ」
という画面が出てきた。
全部で4種類の写真サイズがあり
「履歴書用」「免許証用」「パスポート用」「中型・大型証明用」
の中で1種類だけ選択可能となっている。
昔は大小合わせたサイズであったが今は1種類のサイズだけしか
選択できないらしい。おまけに一回700円と僅かながら値上げされている。
以前は500円のワンコインだったが…
必要な写真寸法を確認し、免許証用を選択する。
すると同じ寸法で8枚分の証明写真が出てきた。
「こんなにいらないのに…」と思いつつ持ち帰った。
便利になったのか不便になったのかは疑問である。

家に帰って証明写真を子供に見せると同じ写真が8枚並んでいるので
「分身の術だ!」と大喜びした。

見る人によっては不便に感じたり面白く感じたりする。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

語呂合わせ

煙突見積書、見積略図、煙突工事工程表の作成等々。
コンクリートの容積比について問い合わせがあったが
即答できなかった。建築士試験にも出てくるので2年前なら
即答できたが考え込んでしまった。
語呂合わせを思い出すことしばし…
粗骨材40%、細骨材30%、水16%、セメント10%、空気4%だった。
語呂合わせは
再三(細骨材30%)粗品(粗骨材40%)
苦心(空気4%)の攻めと(セメント10%)水の色(水16%)
となる。
数字の暗記は語呂合わせが効果的である。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

田んぼ並み

煙突調査報告書の作成等々。
午後に煙突見積書依頼と共にボーリングデータが
FAX送付される。
内容を見ると地下25m位までN値が1とか2程度で
25mより下でようやくN値20位になっている。
建設予定地を確認すると埋立地とのこと。
「N値1だとイメージ的には田んぼ並の地盤です」と
御客様に説明すると軟弱地盤であることが納得して頂いた。
杭基礎で支持地盤までは相当の深さが必要であると予想される。

今日の高田馬場は卒業式に出席すると思われる袴姿の女性が多かった。
学生街は各種行事によって季節の移り変わりを感じることができる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見えない所に

午前中は煙突資料の作成、午後から煙突拡散計算書の
続きを作成する。煙突拡散計算書は昨日で出来上がっていたが
最終チェックの段階で排ガスデータ中の「12ppm」という数字が
硫黄酸化物濃度と思い込んで計算を進めていたが
一酸化炭素濃度の数値であることに気がついた。
最初からやり直しとなってしまったので途方に暮れて昨日の夕方から
手つかず状態になっていた。提出期限は金曜日なのでやり直しと
なっても間に合う。
気分一新、午後から煙突拡散計算書にとりかかる。
再度入念に数字を確認し夕方には投函した。

家に帰って腕時計を外すと何故か裏蓋まで外れてしまった。
初めて気がついたが裏蓋に「14.11デンチ、18.7デンチ」と
マジックで書かれている。近所の時計店で電池交換してもらったが
裏蓋の見えない所に電池交換の年月と自分の名前が書かれている。

大阪時代にワイシャツ(関西ではカッターシャツと言うらしい)を
クリーニングに出していたが襟の裏側にマジックで自分の名前が書かれていて
「小学生か!」というツッコミを入れつつ愕然としたことを思い出した。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケース1~ケース4

午前中は雑用等々、午後から煙突拡散計算書の作成。
以前にガス放出速度を上昇させる為に、ノズル取付見積を
提出していたが最新の排ガスデータを頂いたので内部圧力が
適正かどうか検証する。
データは通常運転時のものなので定格運転時の計算も行うことになり
改修前と改修後で合計4パターンの計算書を提出する。
数字をひとつ間違うと全く異なる結果となるので組み合わせを
紙に書いて下書きして指差し確認しながら計算する。
煙突内部圧力とガス放出速度は反比例するので適正な数値を
見出すことは難しい。

一息入れた時に、腕時計を見ると日付が「2日」となっていた。
今年は2月が28日までだったので3日遅れの日付となっている。
今日まで腕時計の日付修正するのを忘れていた。
先週から煙突構造計算や煙突拡散計算に集中していたので
忘れてしまっていたらしい。
計算は数字一つ異なるだけで結果が変わってくるので、集中して慎重に
行わなければならない。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

応力-ひずみ曲線

煙突構造計算書の作成。
御客様から鋼材の許容応力度、引張強さ、破断荷重について質問があり
電話にて説明する。とりあえず理解して頂いたが資料があればFAX
して欲しいとのこと。
約12年前に使用した夜間の専門学校時代での材料実験テキストを
出して応力-ひずみ曲線をコピーする。が、メモ書きが多くよく見えない。
仕方なく手書きで書いた。
「鋼材の引張応力度は 約4~6t/c㎡程度で安全率を考慮し
弾性範囲内の2.4t/c㎡を許容応力度として計算上の応力度が下回る様に
設計します。SS400とは引張応力度が400N/m㎡以上の鋼材となります」
という解説を入れて応力-ひずみ曲線をFAX送付した。

テキストには鋼材の引張試験データが記載されており、その時には
最大荷重 約30t、引張応力度換算では 約 6t/c㎡で鋼材が破壊したらしい。
たしか「ボン!」という音と共に試験体が2つに割れたと思う。
学生時代の勉強は忘れ易いが社会人になってからの勉強は
忘れにくい(様に思われる)

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

型録=カタログ

煙突見積書略図及び煙突構造計算書の作成等々。
以前に提出した煙突施工計画書について訂正指示のFAXが入る。
今日中に訂正したものをFAXせよとの指示だったが訂正事項が少ないので
2時間程度で提出できた。
最後の方に「使用材料型録の添付」とあり「型録」とは型番の記録かと思い
確認すると「カタログ」のことだった。
材料カタログの在庫があったのでコピーして使用した。
たまにカタログの原本を提出せよという指示もあり手持ちの在庫が
無くなってしまう場合もある。
煙突ではコンクリート、鉄筋、各種鋼材、キャスタブル、断熱材、塗料
炭素繊維、煉瓦、障害灯、避雷設備等の様々な材料や各種機材を
使用するのでカタログの在庫数も多くなる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松と梅

煙突調査報告書、煙突構造計算書、見積書の作成等々。
調査結果を元に構造計算→対策案見積書という
いつもの形式である。
普段は「松・竹・梅」という3通り想定するが現場状況、品質、施工性、価格を
考慮するとどうしても「松・梅」の2通りしか思い浮かばない。
昼休みを挟んで再度考慮したが結局2通りの改修案で提出することにした。
2案だけなので施工内容と価格にかなりの差が出てしまった。
例えるならばフルコースディナーとランチタイムの定食というところ。
内容と価格にかなりの差が出た。

ここ2~3年は花粉症の症状が軽かったが今年は若干厳しい。
いつもは鼻水がつらいのだが、今年は特に目のかゆみがひどく
今日はとてもつらかった。
10年位前から「花粉症の特効薬」がいずれ開発されるとニュースで
取り上げられていたが未だに万人に対応できて効果が高い薬の
開発は進んでいない。有効な薬も出てきてはいるが効果の
個人差が大きい。
花粉症の対策は「耐える」ことである。
つらい場合は「薬を飲んで耐える」ことしかない。
久しぶりに「耐え忍ぶ春」を思い出した。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年前の資料

煙突調査報告書、煙突構造計算書の作成等々。
お得意様から約1年前に新設したステンレス製煙突の
エキスパンション部分だけの図面をFAX依頼が入る。
エキスパンションは専門メーカーに頼んだので当社では
図面作成していなかったので「処分したかもしれませんが
探してみます」と回答する。
施工写真報告書と当社で作成した図面は出てきたが
エキスパンション図面は見当たらない。
記憶を辿ってコーヒーを飲みながら考えることしばし…
思い出した。
見積書と共に別のファイルに保管していた。
普段は金額の安い機械式エキスパンションとしているので
自社で図面作成するが、その時は不燃布製の高級な
特注エキスパンションという指定だったので資料を別に保管していた。
早速FAX送付後、コピーをとって報告書と共に保管した。
過去の資料は処分しずらい。

今日は花粉の飛散が多かった様に思われる。
今年は特に目のかゆみがきつい。
花粉症歴20年目の春を迎える。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (3)

0.005秒の差

煙突調査報告書2件の作成等々。
1件目は先週までにほぼ出来上がっており考察部分のみ
保留となっていた。調査結果は良好で建設後30年経過しているが
構造計算上も良好で特に問題ない。考察部分は軽微補修で長期耐用可能
という結論として文章量も少なくした。
2件目は煙突の固有周期を測定したが結果は設計値とほぼ同じで
0.005秒しか変わらない。煙突の劣化があると固有周期も長くなるが
設計数値と実測値が殆ど変わらないので劣化進行は無いものと
推測できる。考察部分を万人に理解し易くするために推敲を重ねる。
気がつくと下書きの段階で追加や変更で文面が分かりづらくなってしまった。
仮の清書を出して明日以降に再度確認することにした。

高田馬場は大学入試シーズンの最中で朝と夕方の駅周辺は大混雑となっている。
特に朝は案内役の方がメガホンを持って誘導しており慌ただしい。
2月の高田馬場の風物詩となっており季節の移り変わりを感じることができる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖房費

煙突調査の立会。
昨日移動した時には吹雪の様になっており翌日に天候が回復するか
心配であったが何とか晴れになった。
寒冷地方の宿に宿泊したので廊下にも暖房器具が設置されており
一晩中運転されていた。
寒冷地方の宿の場合、冬期は「暖房費」を徴収されることが多いのだが
今回宿泊した宿は暖房費の請求が無かった。
ずいぶんと気前の良い宿である。
宿の人曰く、今年は雪が少ないとのこと。
確かに多雪地域なのに殆ど雪が積もっていない。
今年は全般的に雪が少ない。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予備品

煙突調査用資料の作成、煙突構造計算書と煙突図面の変更等々。
知り合いの職方からシュミットハンマーを貸して欲しいとの
依頼があり日程を確認すると当社で使用する予定日と重なっていた。
シュミットハンマーは2台あるが片方は昭和60年代に購入したもので
新しい方が故障した場合の予備品としているので殆ど使用していない。
だいぶ年数が経過しているので無償で譲渡することにした。
但し使用前に点検整備が必要である。
煙突調査で使用する場合、打撃回数と調査箇所が多くなるので
定期的な点検整備が必要となる。

天気予報を見ていると既に花粉が飛散しているとのこと。
まだ症状が出ていないので今年は楽かなと思っていたら
風呂に入った後に突然、くしゃみ・鼻水・目のかゆみという
「花粉症3点セット」が発症した。
例年より少し早めの、つらい時期がやってきた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2通りの計画書

体調が優れないので機材・宿泊先手配で帰ろう…と
思っていたが、以前に提出した計画書の変更依頼があり
ゴンドラを使用する場合と使用しない場合の2通り提出となった。
品質とコストの面ではゴンドラ使用が良いのだが
元請殿でゴンドラ使用実績が無いとのこと。
安全面でも実はゴンドラの方が良いのだが中々理解されない。
作業環境や内容によって状況は異なるが足場よりゴンドラの方が
より安全に作業できることが多い。
両方提出して最終判断を待つことになった。
午前中に提出し帰宅した。

約15年ぶり位であろうか、37度以上の熱があり昨日は休暇とした。
熱が高いと体を起こすのもダルくてつらい。
カゼの時には「薬を飲んでニンニク料理を食べて寝る」という
法則によりだいぶ良くなった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射温度計

日本煙突業協会 第116回議事録の作成、午後から
期限の定めは無い「宿題」であるプレゼン資料の作成。
煙突稼働中に温度測定を行うこととなり久しぶりに
放射温度計の動作確認をする…が新品?と思われる電池を入れても
デジタル表示がされない。急遽メーカーに持ち込んで確認すると
正常に動作した。どうやら電池は新品ではなかったらしい。
煙突屋は様々な計測機器を保有している。
シュミットハンマー、超音波厚さ計、騒音計、接地抵抗測定器
風速計、ペーハー計、セオドライト、耐震測定器等々。
全て正常に動作するか使用前に確認し必要であれば
修理が必要になるので管理するのも一苦労だ。

昨日は日本煙突業協会の方と飲みに行った。
今回もゲスト会社であり奢って頂いた。
鳥料理がメインの店で地鶏の焼き鳥、鍋など
どれもおいしかった。
タダ酒ほどうまいものは無い。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名産品

煙突アンカーフレーム設置立会。
現場は仙台市なので昨日の午後移動して宿泊し、朝一から作業する。
久しぶりにレベルでベンチマークからGLを確認しアンカーセットを確認した。
天気予報では午後から雨又は雪となっており
アクシデントがなければ午前中に終わると思っていたが
特に問題なく予定通り午前中に終了した。
現場を出た後に雪が降ってきたので「晴男」としての面目躍如となった。

駅に着いて「仙台に来たのに昨日から牛タンが食べられなかったな」
と思い土産物コーナーをブラブラと歩いてみる。
厚さ1センチ位ある「極厚芯たん」という商品があり店員に聞くと
味付けしてあるので焼いてそのまま食べられるとのこと。
ゴージャスな見た目に惹かれて購入した。
自宅でフライパンで焼いてビールと共に食べてみる。
歯ごたえがあり肉汁と共にうまみが舌に広がる…
更にビールとよく合う。
仙台の名産品を東京で堪能できた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

途中からスタート

煙突施工図面及び構造計算書の変更等々。
ボイラーメーカー殿から見積依頼があり建屋2階にボイラーを
設置し煙突に接続したいとのことで地上から設置する方法と
1階の梁に、はね出し基礎を作って途中からスタートするという
2通りの案で相談がある。
後者の案は既存の建屋なので強度不明であり確認申請の段階で
却下される恐れがあるので前者の案のみとすることを推薦する。
早速、概略の構造計算と見積略図を作成し見積書を作成した。
明日午前中に提出ということになった。

久しぶりに1駅前で下車して歩いて帰る。
「焼肉屋通り」を避けていつもの歩くルートを変えてみたが
予想以上にバスや車の通行が激しくガードレールが無いので
大変危険である。
次回以降はいつものルートに戻そうと思った。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図面変更

煙突構造計算、図面作成…の予定が既に製作済みの
煙突に関して煙道寸法と煙道フランジ寸法の変更図面を
急遽作成する。その煙突は昨年秋口に設置する予定であったが
客先都合により延期延期で未だに設置していない。
既に3回、図面変更となっている。
今回は煙道の寸法を大きくしたいとの依頼で口頭説明で理解は
できたが変更箇所が多いのでこちらで変更図面を作成し
承認をもらうことにした。
手書きによる図面はレイアウト等の大幅な変更ができないので
変更箇所の判別が容易にできるがCADによる図面は
レイアウトの変更、寸法の変更等、何枚も容易に作図できて
パッと見ただけでは変更箇所の把握が難しい。
同じ現場で何枚も図面があるということもあり間違いが生じ易い。

便利ではあるがミスを誘発しやすいという機械化の弊害である。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JISハンドブック

午前中は煙突資機材手配、宿泊先予約等々。
午後からいつもの本屋に行って「公共建築工事標準仕様書」を購入する。
手持ちの書籍が平成9年度版なので最新のものに買い換えした。
内容的には殆ど変更は無いが年度が古いと資料として提出しづらいので
新しいものにした。JISハンドブックコーナーを見ると一部は2007年版に
変わっている。これも大幅な変更は無いものと思われるが資料として
提出する際にあまりに古いと指摘があるかもしれないので定期的な
買い換えが必要である。

購入後、第116回 日本煙突業協会 定時総会に向かう。
会則の見直しについて議論が行われたが最終結論は次回総会と
なった。ステンレス材の価格高騰が話題に出てニッケルとモリブデンの
価格上昇によりステンレス材も上昇しているらしい。
その他様々な話題が出て有意義であった。
終了後いつもの居酒屋に向かう。
協会創立時の話題が出て昔話に花が咲き「煙突業協会年表」が
作成できる位に歴史があり充実した会であることを改めて認識した。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ボルトピッチ

煙突施工図面の作成。
昨日は久しぶりに高田馬場で終電間際まで飲んでいたので
午前中は作図スピードが上がらない。
行けば必ず知り合いに出会うことが出来る店で、ほぼ毎日
訪れる強者もいる。
時計を見るとおよそ6時間、同じ店で飲んでいた。

午後からようやく調子が出てきて掃除口扉のボルトピッチを
計算する。「いつもの掃除口パターン」を使っても良かったが
若干大きいので小さくする。
枠の板厚を5㎜にするとキリの良いピッチになった。
性能的にもちょうど良いピッチとなった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ETCレーン

午前中は煙突構造計算書の作成、午後から倉庫へ向かう。
煙突本体の構造計算は出来ており基礎の転倒、杭の検討、配筋まで
今日中に終わらせようと思っていたが電話問い合わせ等によって
杭の検討で時間切れとなってしまい、車で倉庫へと向かう。

高速道路の料金所でETCレーンに入ると前の車がストップした。
故障であろうか、中々動かない。運転手が降りて係員の呼び出しボタンを
押している。「バックして隣のレーンに移動しようか」と思い
バックミラーを見ると交通量が激しく移動するのは危険な状態である。
追突されて妻の大好きな「交通警察24時」に映されてはたまらんと思い
待つことにした。
待つことしばし…係員が出てきて通行券を運転手に渡している。
どうやら間違えてETCレーンに入ったらしい。

倉庫に着いて機械の点検及び職方と打合せをする。
約3年ぶりに使用する機械なので正常に動作するか確認すると
問題なく動作した。平成初期に購入した機械なので概ね20年近くになる。
機械は大事に扱えば結構長持ちするものだ。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「高品質」 「工期遵守」 「適正価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルマ加工

煙突見積書の作成、手配等々。
鋼板製煙突の更新見積について仕様が「アルマ加工」と
なっているので約10年ぶりにアルマ加工の工場に金額の
問い合わせをする。
アルマ加工は耐熱性のあるメッキであり当社では実績が少ない。
煙突に入力されるガス温度は処理後で低くなっているので
耐熱塗料又はステンレス素地利用で対応可能である。
金額を確認すると「煙突屋」「高田馬場」というキーワードで
アルマ加工工場の担当者が10年ぶりではあるが当社の社名を覚えていた。
見積段階であるので決定したら宜しく御願いしますと言って電話を切る。

終業後、日本煙突業協会の会員会社での新年会に向かう。
新年の挨拶を交わして居酒屋で新年会となった。
注文品はどれも美味しく、中でも「地鶏の鍋」のスープがとても美味しかった。
全員一致でおかわりとなった。
今回は「ゲスト会社」であるので奢って頂いた。
タダ酒ほどうまい物は無い。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

111元素周期表

煙突構造計算等々。
風荷重の基準風速を法令集で確認していると約6年前に
購入した法令集であることに気がついた。告示だけの法令集で
重要な計算式や地域ごとの数値が記載されており使用頻度が多い。
6年前なので市町村合併により現在では存在しない町名も記載されている。
最新版では新しい市町村になっているはずと思い駅前のいつもの書店に
調べに行った。いつもの建築関係専門書コーナーで確認する。
現在保有しているものと市町村名は変わっていない。せっかく来たのに
期待外れだった。告示自体の変更がないと法令集も
変更されないのかもしれない。

帰ろうとすると科学雑誌の特別版付録で「111元素周期表特大ポスター」が
展示されており立ち止まって見る。表には鉄や銅、アルミ等の融点が記載されている。
本を立ち読みするとステンレス材に含有されるニッケルやクロム、アルゴン溶接で
用いるアルゴン、炭素繊維シートの炭素等特徴や各種の数値が記載されている。
「これは便利だ」と思い購入した。
煙突屋には様々な知識が必要となる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

安全祈願

午前中は煙突施工要領図の作成、打合せ等々。
午後から職方と共に会社近くの神社に安全祈願に行く。
毎年行っており建設業界に入ってから13回目となる。
「干支1周以上経ったのか」と思いながら御祓いをして頂いた。

終了後、新年会を兼ねて久しぶりに麻雀をした。
高田馬場は学生街なので雀荘が多数あり場所代も驚くほど安い。
結果は半荘3回で4位、4位、3位と不本意な結果となった。
微妙な対子系が多く五対子止まりで七対子までは中々発展していかない。
きれいな順子系にならない典型的な「巡りの悪い」状態であった。
しかし「積極的に攻めた」結果であるので気分的にはスッキリとしている。
ベタ降りしつつ放銃という場面は無く、四暗刻を張りながら追っかけリーチに
一発放銃等々「攻めの結果の負け」というものであり悔いはない(負け惜しみを含む)

麻雀は建設と似ている。
配牌でもらった材料を一つ一つ組み立てながら工夫をしつつ完成型に向かって
切磋琢磨する。
又、迅速な決断力や判断力、応用力、相手の動作や仕草を見て場の雰囲気を
読み取る等々色々な感覚が養えると思う。

明日の作業に影響するので麻雀を早めに切り上げて中華料理店で食事をする。
今年も無事故で作業出来るように願って散会となった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本格始動

煙突施工要領図の作成、その他雑用等々。
三箇日~成人の日まで休日をまたいでいたので今日から
実質的な「仕事始め」となった。例年では1月中旬まで日付を書く時に
去年の年をついつい書いていたが今年は間違えずに「平成19年」と書くことが出来た。
頭の中では切り替えが出来ている様なのだが、体が「正月休み」に馴染んでおり
午前中は今ひとつ作図のペースが上がらなかった。
午後からは御客様や職方、製作工場との打合せによっていつものペースを
取り戻した。
高田馬場の街並みも学生が多くなり街全体が「本格始動」となった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御安全に

今年最後の煙突工事が無事終了。
以前は毎年の様に大晦日まで煙突工事や煙突調査があったが
最近では少なくなってきている。
ここ数年は2年毎に大晦日工事を行っている。
ゴールデンウィーク、お盆、年末年始は工場稼働が休止するので
煙突工事や調査を行う場合が多い。

今年も無事故で終了できた。
工事屋にとって無事故で一年を過ごすというのは最も大事なことである。
来年も「御安全に」過ごしてゆきたい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再見積

連絡、打合せ、雑用等々。
2年ぶりの御客様から見積依頼書が郵送で到着する。
仕様書を確認すると2年前に提出した見積内容とほぼ同じであるが
解体材の場外処分が追加等々微妙に異なっている。
2年前の見積書を引っ張り出して確認するとステンレス材の価格が安い。
その他材料費も単価が安い。
ステンレス材は来年から更に値上げされる様なので価格上昇を含んだ
単価及び追加項目を含んで再見積する。
基本的な内容は変更無いので約30分で出来た。
最近では全ての材料価格が上昇しているので過去の見積は
注意しなければならない。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴男…不発

煙突清掃点検の立会。
昨日の午後に移動、宿泊し職方と打ち合わせしていたが
夕方から雨が降ってきた。結構激しく降っていたので翌日の朝に
状況判断し最終決定することにしていた。
今朝起きると予想以上に雨が降っていた。
とりあえず現場に行って延期を申し込もう…と思っていたが
クレーンと御客様で手配して頂いた産廃業者が到着し
準備している。延期の申し出をしづらい雰囲気になってしまった。
煙突高さが低く、作業量は少ないので午前中には終わる。
普段では中止にするのだが職方を説得し急遽カッパを購入して
実施することにした。
ずぶ濡れになりつつ何とか予定通り午前中には終了した。

一日作業の場合は天候リスクが常に伴う。
請負なので雨、強風による作業中止・延期費用の請求は出来ない。
煙突は屋外作業であるので天候による作業中止のバクチ的な要素が常に伴う。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4t車か10t車か

鋼板製煙突構造計算書の作成等々。
煙突の分割方法を考えながら板厚を検討する。
できれば分割無しで運搬したい所であるが
1本11.7mと中途半端な長さになる。
10t車で運搬できるか検討するが若干長いので
分割して4t車で運搬する計画とした。
板厚は現場施工を考慮して溶接が容易になるように
計算より1㎜厚くすることにした。

今日で授業が終わりになったのであろうか、学生街の高田馬場は
忘年会で混雑していた。道を歩くのにも混雑している。
来週からは冬休みとなり高田馬場の人通りは少なくなる。
学生が少なくなることで年の瀬を感じる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作文力

煙突調査報告書の校正、煙突解体見積書の作成等々。
報告書は煙突劣化原因や対策案が記載されているが
ワープロで出来上がった文章を推敲する。
…に…の為、等々いわゆる「てにをは」を変更しつつ
御客様に理解され易い様に校正する。
煙突屋は「作文力」が鍛えられる(様な気がする)

昼食は久しぶりに会社から最も近いラーメン屋に行くことにした。
つけ麺が看板メニューであり昼時には行列ができる。
行列を避けるために少し早めに向かい外から覗き込むと
空席が確認できた。中に入ると女性4人が並んでいる。
?と思ったが1人なのですぐに案内された。
女性4人客はカウンターに並んで座るために待っていたらしい。
店を見渡すと女性客が4割位いた。
最近はラーメン屋、牛丼屋など男性客が多い店での
女性利用客が増えてきた(様な気がする)

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレンダー

煙突見積書3案作成及び煙突拡散計算書作成等々。
それぞれ直径が異なるので拡散計算も3パターン作成する。
間違えないように指差し確認しながら計算する。
どれも似たような数字なのでややこしい。

去年の年末位から材料屋さんや機材屋さんから頂く
カレンダーが増えて今年も多くのカレンダーを頂いた。
カレンダーの数と景気は比例するというが数年前から
比較すると数が多くなった(様な気がする)

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの…(今月4回目)

昨日に引き続いて煙突熱貫流計算書の作成及び
打合せ、雑用等々。
昨日御得意様から煙突の短縮化について電話があり
打ち合わせする。その御客様は全国各地に工場がありメモには
どの工場か記載されていなかった。中部地方又は中国地方の
工場と思っていたら関東近県の工場の御客様だった。
直近では平成8年に煙突嵩上げ材の交換以来である。
重油からガスボイラーに変更したので煙突は地元業者で
解体したはず…と思っていたが年に数日であるが
定修期間中に使用するとのこと。
現在のガスデータを頂き10年前の図面をひっぱり出して
短縮化した場合の煙突内径その他を確認する。
来週に短縮後の拡散計算と見積書を提出することになった。

先週から床屋に行きたかったが今週は行く機会が無く待たされるのは
嫌なので保留となっていた。金曜日は比較的「穴場の日」なので床屋を
覗いてみる。時間帯によっては5~6人待ちであるが今日は1人しか
待っていなかった。早速中に入るとすぐに順番が回ってきた。
今日はラッキーデーだ。
帰りに地元で「24」シーズンⅢのDVDを借りる。
Vol4まで見ておりVol5以降は前回レンタル中であった。
今日はVol5と6を借りることができた。なおかつ明後日まで半額とのこと。
やっぱり今日はラッキーデーだ。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの…(今月3回目)

午前中は煙突熱貫流計算書作成、午後から
プラントメーカー殿の安全パトロールに向かう。
現場は隣の市ではあるが自宅に最も近いごみ焼却場である。
約7年前に煙突点検調査及び補修を行って以来の久しぶりの
訪問となる。
案内書には「駐車場が少ないので車ではなく電車等を利用下さい」と
記載されていたので運動を兼ねて自宅から自転車で行くことにした。
自転車をこぐこと約10分…いつもは車で通っている道であるが
新しい店やマンションが建設中で新しい発見があった。
現場に到着し、煙突を眺める。
久しぶりに見る煙突は特に問題無い様であった。
帰りは別の道から自転車で帰ってみる。
ちょっとしたサイクリングを楽しんだ。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

往復7時間、打合せ10分

煙突熱貫流計算書の作成等々。
昼に先日提出した煙突確認申請書について指摘事項の
FAXが入る。項目としては少ないので訂正、追加を本日中には
提出出来そうなので早速とりかかる。
図面の追加事項が終わり、煙突開口部の断面算定を計算していると
御客様から電話が入る。できれば確認申請機関に出向いて説明して欲しい
とのこと。片道3時間半、往復7時間はかかる。内容は難しくないので
説明は5分、長くても10分で終わる。
「文書による説明で考慮頂けないでしょうか」と御願いすると
とりあえずメールで送付して確認申請機関で内容検討するとのこと。
移動7時間、説明10分では切ない。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの…(今月2回目)

煙突施工図面のメール送付、社内書類の整理
御客様訪問打合せ、午後から煙突見積書、煙突構造計算書の
作成等々。
煙突構造計算は高さ50mの鉄筋コンクリート製で終局耐力の計算であり
久しぶりとなる。いわゆる「もつ、もたない」という観点での計算で
地震時の振動加速度を200ガルと400ガルとして「もつ、もたない」という
検討を行うもの。図面を見ると上部の鉄筋量が丸鋼13φで24本なので
計算するまでもなく「厳しいな」と思っていたが案の定
上部10m間は「建て直した方がよい」という結果になり
10mから40m間は「耐震的に疑問がある」という結果になった。
昭和50年(1975年)の設計なのでやむを得ない。

昨日は日本煙突業協会の年末ゴルフコンペがあった。
こちらも約1年ぶりで久しぶりのゴルフであった。
午前中は相変わらず悪いスコアであったが午後からは
あと2センチでバーディーという場面もあり好調であった。
偶然にも昨日の日付と同じスコアとなった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの…

先週撮影した煙突ビデオ撮影編集及び煙突拡散計算書の作成等々。
ビデオは煙突の汚染状況及び排ガスのダウンウォッシュ状況を
撮影したもの。三脚を用いているので手ブレが少なく見易くなっている。
久しぶりのビデオ編集なのでマニュアルを見ながら操作する。

夕方、以前に作成した煙突拡散計算書のガス量と温度を変更して
再提出せよとの依頼がある。追加として排ガスの着地地点の計算も
添付せよとのこと。
これも久しぶりなので拡散計算式を確認しながら計算する。
煙突高さは30mなので着地地点は1.2㎞前後と予想していたが
実際に計算すると1.5㎞位になった。
煙突高さが高い程、排ガスが地上に着地する距離と濃度は薄くなる。
排ガス条件によって異なるが煙突高さ100m位で着地距離は4~5㎞程度となる。
その為、都市部や人口密集地では煙突高さ100m以上のものが要求される傾向がある。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイックレスポンス

煙突見積略図の作成及び煙突見積作成、雑用等々。
火曜日に見積依頼があったが産廃費用だけ不明であったので
保留となっていた。金曜日までには提出しますと回答していたので
産廃屋に催促する…が担当者が午前中不在とのことで
午後になるとのこと。「クイックレスポンス」がモットーなので
産廃費用を除いては依頼を受けた当日中に出来ていたが
産廃費用が大きなウエートを占めるので保留としていた。
待つことしばし…夕方遅くに待っていた見積が来たので
ようやく提出できた。

帰りの電車内広告を見ていると新宿地下街の「福引き」が目に入る。
2000円で1回福引きが出来て、1等は海外旅行となっている。
地元の商店街でも年末の福引きがあったが20年ほど前から
見かけなくなってしまった。20年前と比較するとコンビニエンスストアや
チェーン店の進出で駅前はだいぶ変わってしまった。
便利にはなった反面、商店街は変化してゆく。
商店街主催の地元の「年末福引き」が見られなくなって寂しい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿題

煙突検査成績書の作成及び見積書の作成等々。
一息ついた所で、先々週から宿題となっていた鋼板製煙突の
長所・短所その他提案書の作成にとりかかる。
高さと頂部口径を同じにして形状を直胴型・テーパー型・ロケット型の
3パターンの構造計算を行う。見た目には大差ないが製作時のロス材
施工性によって金額が異なる。

今日は日本煙突業協会の技術懇談会があった。
私用で寄り道しながら少し早めに会社を出て行こう…と思っていたが
急ぎの電話が入り、今日中に対応しなければならなくなった。
時計を見ると懇談会の開始時間を1時間程度過ぎていた。
「これから行っても終わり間際になるな」と思い欠席することにした。
年間4回の総会は私が書記であるので欠席は不可能であるが
懇談会は任意参加である。

景気付けに焼肉を食べに行った。メニューを見るとタン塩がある。
少し前には牛タンを提供できない店が多かったが
牛肉輸入解禁の影響だろうか、久しぶりのタン塩を堪能できた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

平成元年か平成2年か

煙突見積略図の作成及び煙突竣功図の作成等々。
担当者違いではあるが80m煙突新設見積依頼が入る。
平成初期に新設した煙突の近くに別の煙突を新設するとのこと。
ガス量と温度データだけがあり、計算すると現状と同じ煙突で対応できる。
現状煙突の新設当時の見積を捜索する。
見積日付は平成元年となっているので平成元年のファイルを開く…が一向に
見当たらない。「?」と思いつつ平成2年のファイルを開くと発見された。
平成元年に見積をして決定は翌年だったので平成2年に保存されていた。
消費税は3%となっており税抜金額に対して税込金額は中途半端な
数字となっている。
約16年という時代の流れを感じる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3ヒント

煙突施工報告書及び煙突見積用の拡散計算書の作成等々。
拡散計算は排ガス量と排ガス温度、排ガス種類が与えられており
後は煙突屋の常識で設計見積せよとのこと。
高さ50mという指定であるが計算すると30m以下に出来そうではある。
設置場所のk値、排ガス中の硫黄分濃度、地耐力が不明であり
北関東という条件なのでk値は7.0、硫黄分濃度は100ppm
地耐力20t/㎡と仮定して計算する。
やはり高さ30mで問題無い。もっと低くは出来そうだが
3つのヒントが無いと正確に計算及び見積出来ないので
指定高さの50mをケース1とし推奨数値として高さ30m、内径2.0mφの
ケース2という2パターンの計算及び見積を提出することにした。
構造的にはかなりの余裕を見込んだのでケース1の金額は
ケース2の倍近くになってしまった。
ヒントが無いと適正な仕様、価格が提示できない。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォーキング

煙突確認申請用書類の作成及び
午後から煙突施工完了事前検査の立会、職方との打合せ等々。
確認申請書類は明後日使用するとのことで御客様に持参し、昼食後
検査現場に向かう。山手線内の移動ではあるが最寄り駅からは若干
距離がある。暖かい陽気に包まれながらウォーキングを楽しんだ。
検査では様々な質問を頂いたが実績を踏まえて即答したので
監理者の方には安心して頂けたものと思われる。

会社に戻って来月の予定を整理していると日本煙突業協会の
親睦ゴルフの案内書類が目に入る。先日、自宅倉庫でゴルフバックを
見たが結局、昨年以来練習しておらずクラブを触っていない。
「一夜漬け」又は「ぶっつけ本番」となりそうな気がする。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煙突屋冥利

鋼板製煙突2本の建方立会。
煙突搬入後、搬入検査を行う。今回はエンドユーザーが
役所なので元請殿と検査官の方が立会で検査を行う。
煙突は初めてとのことで、図面と照合しながら寸法検査
質問等に回答する。約半年前ではあるが自分で書いた図面なので
記憶を辿りながら質問に即答した。
一通り検査した後に、検査官の方から
「あとは煙突の専門家にお任せしますので安全に施工して下さい」
と言われた。品質について全面的に信用して頂けた様で煙突屋冥利に尽きる。

昨日はビジネス旅館に宿泊した。工事業者向けの旅館で1泊2食付きで
リーズナブルな値段である。食堂で晩酌しつつ職方と談笑していると
隣に座っていた鉄道工事業者の方が話に参加してきて出身地の話題になった。
御本人は北東北出身で奥様は北関東出身とのこと。
当社は北海道から沖縄まで全ての県で煙突の実績があるので地理には詳しい。
出身地についての話が詳しいので「よく知ってますね」と鉄道工事業者の方に
感心された。
これまた煙突屋冥利に尽きる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ナイロンスリング(小)

煙突内筒搬入及び煙突内筒設置工事の立会。
現場が会社から30分程度なので午前中は図面作成し
昼前に現場に向かう。
現場に到着すると内筒が1本も挿入されておらず煙道も置いてある。
「トラブルか?」と思いつつ休憩所に向かうと午前中は荷降ろし及び
段取で終わったとのこと。内筒は全部で6本あるが今日は煙道及び内筒2本の
設置を目標として午後の作業に取りかかる。
雨、強風その他トラブル無く、予定通り終了した。明日以降も天候に恵まれると
良いのだが。

来週に鋼板製煙突2本の建方で使用するナイロンスリングを職方から受け取って
持ち帰る。ナイロンスリングは(大)が2本、(小)が2本あり煙突の重量は
少ないのでナイロンスリング(小)を2本受け取る。
(小)なので軽いと思っていたが意外に重く、電車の中で持っている手が
痺れてきた。
見た目で判断してはいけない。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

机上の理論

社内書類の整理、材料発注、打合せ等々。
煙突の共振現象について問い合わせがあり
口頭による電話説明では話が長くなるので見解書を提出することにした。
他の煙突で使用した共振現象に関する見解書を手直しして
作成するので時間はあまりかからない。
共振現象の発生過程、調査方法、対策案の3点について見解書を提出した。

共振現象を分かり易くする為に「ブランコ」を例に説明する。
最初にブランコを押す時には強い力が必要だが、次第にブランコが
行って帰る固有周期と押す力のタイミングが合ってくると軽い力で
ブランコは大きく動作する。
煙突の共振現象も同様に、煙突本体の固有周期と風の吹くタイミングが
一致すると煙突は激しく振動する。
共振風速は理論上、煙突本体の固有周期と煙突外径で決定されるので
「計算上○○m/secにて最も振動する」という設計はできるが
実際には煙突周囲の状況、立地条件等によって計算通りにならないこともある。
机上の理論と現実とは異なることが多い。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルコール無しで

午前中は煙突材料の発注等々。予定していた材料を変更することになり
施工数量を再度計算する。施工する体積は同じであるが材料比重が
異なるので1.8倍程度重量が多くなった。
現場状況と施工性、施工品質を考慮すると材料変更が好ましい。

午後から日本煙突業協会の打合せ。
いつも総会を開催している場所のロビーで打合せする。
以前は喫茶、軽食を提供していたが3年程前から無くなってしまった。
禁煙かつ飲物が無い状態で1時間程度打合せする。
終了後、アルコールの時間には早いので、お茶を飲みながら
世間話をする。いつもは総会→居酒屋というパターンだが
アルコール無しでの打合せは久しぶりだ。
煙突業界は飲兵衛が多い(様な気がする)

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2ヶ月待ち

煙突構造計算書2件の作成。
1件は煙突の更新で既設の基礎が利用できるか検討せよとのこと。
正式版ではなく結果だけの概略版でよいとのことだったが
本体重量、応力算定、本体断面算定、アンカー検討、基礎の検討
(転倒、地耐力、すべり)考察で概略版とはいえ8ページになり
結局5時間位かかってしまった。後日正式版を提出することになった。
管轄の役所では確認申請後2ヶ月待ちだという。来年3月までに実施したい
とのことで、なるべく早めに書類を作成しなければならなくなった。

FAX送付後、月曜から作成している確認申請書類の作成に取りかかる。
地盤データがまだ来ておらず、提出を迫られているので暫定として
地耐力10t/㎡と仮定して基礎を検討する。地下部分の配管と干渉するので
基礎の形状はほぼ決まっていたが、仮定した地耐力よりも約2割下回る。
仮定した地耐力では問題ない。

昨日ようやく24のシーズンⅠをすべて見終わった。
最終回は衝撃的な結末となっており、相変わらず続きが気になる展開と
なっている。まだまだ寝不足の日が続く。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルト接合

煙突構造計算書の作成。
煙突の現場接合部は現場内での火気使用が困難なので
ボルト接合という指定がある。
ボルト接合の場合、将来的にボルトの腐食や煙突の振動によるボルトの緩み
等々不安がある。実際に他社で施工した煙突で台風時にボルト破損による
煙突折損事故例があるので煙突に於けるボルト接合は個人的に
信頼性が低いと思っている。
「溶接接合の方が安価で将来的な信頼性が高いと思います」と御客様に進言するが
設計上はボルト接合で行って欲しいとのこと。
ボルト接合による煙突設計は久しぶりなので「ステンレス建築構造設計基準」を
確認しながら計算する。
馴染みの薄い設計は時間がかかる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地表面粗度区分

午前中は打合せ、発注等々。午後から煙突構造計算書の作成。
風荷重算定の為に管轄役所に基準風速及び地表面粗度区分確認の
問い合わせをする。法令集では該当地域になかったので「その他の地域」である
基準風速30m/sec及び粗度区分Ⅱ又はⅢと想定していたが念の為に
確認した。確認申請の担当は土木事務所とのこと。早速問い合わせをする。
電話口で待つことしばし…やはり基準風速は30m/secとのこと。
地表面粗度区分は調べて回答するので10分後に再度電話下さいとのこと。
その他の打合せがあり気がつくと1時間経っていた。
電話確認すると「海岸線500m以内は粗度区分Ⅱで、それ以外はⅢ」という
回答だった。御客様からは○○県○○市という情報だけで、現場は海岸線500m
以内かどうか分からない。とりあえず厳しい条件である地表面粗度区分Ⅱとして
計算することにした。

終業後、日本煙突業協会の方と飲みに行く。
今回は開催地が高田馬場で当社が「ホスト役」となっている。
1次会は居酒屋で2次会はラーメン屋という要望があった。
有名なラーメン屋という要望があり、行列を覚悟して下さいと言いつつ案内するが
「スープ売り切れにつき営業終了」となっていた。別のラーメン屋に案内するが
既に終了、他のラーメン屋も終了。最後の望みとして、駅近くの私が最も好む
ラーメン屋に案内した。4件目にしてようやく営業中となっていた。
豚骨ベースで好き嫌いがあるので不評となるかドキドキしていたが
満足して頂けた様で完食して頂いた。
ビールとギョウザとラーメンを同時に注文したがビール、ギョウザ、ラーメンと
コース料理の様に食べ終わる頃を見計らって提供される。
細やかな気配りとサービスの良さに感激し、勉強になった。
益々ファンになった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M28?

煙突見積略図の作成、発注、打合せ等々。
御得意様から煙突見積依頼のFAXが入る。
煙道部分は従来通りの内容であるが煙突については
設計事務所殿で設計したのだろうか、確認事項が数点あった。
アンカーボルトがM28と記載されている。
M28?M27かM30しか無かったはずと思いつつ製作工場に確認する。
やはりJIS規格には存在しない。手持ちのJISハンドブックを確認するが
「鉄鋼Ⅰ、鉄鋼Ⅱ」には記載が無く「ねじⅠ又はねじⅡ」に記載されているらしい。
早速書店に行って確認する。JISハンドブック「ねじⅠ」に六角ボルトの記載が
あったので購入しFAX送付した。

最近では口頭説明だけでは通らず「根拠となる文献を提示せよ」という機会が
多いので必然的に蔵書が多くなってしまう。
煙突屋は言う事はあてに出来ないのか?

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カバンが…

午前中は現場立会、午後から煙突調査報告書の作成等々。
現場に向かう為にバスと電車を乗り継いで行く。
下りなので空いているかと思ったが予想以上に混んでいた。
ちょっとした旅気分で景色を楽しみながら目的駅に到着する。
以前は最寄駅からタクシーを使っていたが時間があったので初めて歩いてみた。
現場まで徒歩10分位、現場に着いて時計を見ると自宅からは約1時間30分
車で行くのとほぼ同じ時間だった。
現場で打合せしている途中にカバンの肩ヒモが壊れて落下してしまった。
カバンの中は書類だけなので壊れ物はなかったが、肩ヒモ無しで使用すると
手にズッシリとくる。
先代の形見で使い始めてから約3年半、今まで肩ヒモは重い荷物を負担して
くれていたのかと感謝する。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

既存のホースだけで

煙突施工計画書の作成及び材料手配等々。
現在キャスタブル吹付機を整備中であるが職方に整備状況視察及び
整備工場に要望事項を確認してもらった。
ホースが1本20mで合計6本ある。今回工事では40m+αあればいいので
使用できるか確認したところ全部使用可能とのこと。
ホースを新規購入すると1本約9万円かかるので経費節減となった。

昨日は日本煙突業協会 第115回の総会があった。
前回に日本煙突業協会の会則の話題が出て今回見直しの検討をされることと
なったが会則の完成度が高く、軽微な変更程度しか見当たらない。
当社先代を含め煙突業界の先輩方が検討を重ね出来上がった
会則で昭和53年(1978年、約28年前)に作られたが、現在でも充分に通用する。
次回総会で内容変更の最終決定となった。

日本煙突業界の今年度予算は,、諸事情により大幅に余る見込みである。
そこで、産業廃棄物の専門誌に協会の広告を出したらどうでしょうかと
意見を提案したが、当社を除く全会一致で却下となってしまった。
残念だ。
恒例の年末親睦ゴルフの日程が決定した。
従来通り12月上旬の実施で、昨年以来ゴルフをやっていない。
「付け焼刃」ではあるが、とりあえず練習を重ねてみよう。

麻雀大会なら1位をとる自信があるのだが、実施の賛同が得られない。
これまた残念だ。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5年ぶり

煙突見積書の作成及び煙突施工計画書の作成等々。
見積依頼が2件入るが1件は5年前に解体見積をした煙突の
調査見積。もう1件は5年前に内筒式に改修した煙突で
錆の飛散が発生しているとの事でサンドブラスト及び再塗装
頂部錆飛散防止金網取付の見積であった。
両方とも資料があったので14時までには2件見積をFAXした。
偶然にも両方とも5年ぶりの案件であり同じ日に問合せがあるのも
珍しい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円周11等分

労働基準監督署への煙突施工計画書説明立会及び
先週実施した煙突超音波板厚測定結果表の作成等々。
御客様で作成して頂いた煙突図面がFAXされる。
内容を確認するとアンカーボルトの本数が円周11本となっていた。
奇数の割付?と思いつつ確認すると円周12本、30度振り分けであるが
1本が建屋と干渉し、1本除外するので図面上は11本となっている
とのこと。注釈で説明があればよいのだが記載ミスかと誤解してしまう。

今日突然メールが受信できなくなってしまった。
パスワード等は合っており設定も問題無い。
サーバー管理会社に確認するとサーバーが満杯となっており
受付不可になっているとのこと。
不要なファイルを削除し容量を確保してメールが使用できる様になった。
最近ホームページを更新してデータが大きくなったことが原因かと
思われる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5cmの差

煙突施工計画書の作成、雑用等々。
煙突新設のアンカーボルト埋め込み長さについて御客様より
問合せがある。設計図では基礎の天端50㎜が無収縮モルタルを
使用とされている。無収縮部分を除いてアンカーボルトの埋め込み
長さが50㎜=5cm短くなっても問題ないかということだった。

当社では煙突本体とベース周りまでの構造計算を行っており
基礎部分は建屋基礎との絡みがあるので設計事務所殿で
設計して頂いた。
煙突屋の常識としては基礎天端の無収縮モルタル(通称まんじゅう)は
将来的に割れてしまうので使用しないが、恐らく鉄骨の考え方で天端50㎜の
無収縮モルタル施工としたのであろう。

設計には余裕を持たせてあるので埋め込み長さが5cm短くなっても
問題ありませんと即答はできたのだが、一応計算して回答することにした。
再計算すると25cm短く出来る。
埋め込み長さを5cm短くした構造計算書をFAXして、郵送した。

某球団の年間シート購入のダイレクトメールが届いた。
場所によって値段がマチマチであり、いい席は既に売切れと
書かれている。
ペナントレースが終わったばかりなのに気が早いなと思った。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9mの誤差

煙突施工図面の作成及び見積等々。
煙突清掃点検の見積をFAXで頂いた概略図、仕様書で
確認する。FAXの略図の文字がつぶれていて
煙突高さがよく見えない。
虫眼鏡で見ると高さ59m…のように見える。
清掃の㎡数を59mで計算すると仕様書よりも数字が大きい。
?と思いつつ見積をFAXする。
御客様から電話があり高さと直径を確認すると
直径は同じで高さは50mだった。50mで再計算すると
仕様書の㎡数と同じになった。再見積ではなく値引きを多くすることで
対応して頂いた。

先日、夜中のTVで「24」のシーズンⅣが放送されており
「見ると寝られなくなる」と思いつつ結局、夜中の3時まで見てしまった。
最終話が中途半端に終わっており「続きのシーズンⅤは衛星放送で
お楽しみください」となっていた。続きが気になって仕方が無いという話を
していたら今日帰ると妻がシーズンⅤをレンタルで借りてくれた。
当分寝不足の日々が続きそうだ。


煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高さ算入、不算入

煙突施工図面の作成及び発注等々。
御客様から避雷設備設置の件で問合せが入る。
煙突本体の高さは19.5mで笠木を含むと20mを超えるという。
状況を確認すると、消防法上での設置義務は無く
建築基準法の「20mを超える場合設置する」でどうかという事になる。
一般的には本体高さで判断するが念の為、法令集で確認する。
建築基準法 施工令第2条で高さの定義があるが
「飾棟、防火壁の屋上突出物等は高さに算入しない」とある、が
条文の「等」に笠木が該当するか、更に工作物に準用してもよいのか
という疑問が残る。
「煙突屋の常識としては本体高さで判断するが最終的には
建築主事の判断になります」というどっちつかずの回答としてしまった。
こういう質問は初めてなので勉強になる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

350×6+2700=4800g(4.8kg)

煙突施工計画書の作成及び煙突調査報告書の作成等々。
ほぼ毎年清掃点検を行っている煙突の調査報告書であるが
煙突頂部における亀裂幅が昨年より拡大している。
一冬越して春先には凍害によってコンクリートが落下する可能性がある。
実際に他の煙突で危険性を報告書に記述し、3年後にコンクリートが
落下した例がある。
人災には至らず自動車のフロントガラスに当たって
割れただけで済んで良かった。

報告書には危険性の指摘、対策案を記述し見積書と共に提出することにした。

地元のスーパーで酒を買って帰る。
350mlの缶チューハイが「お試し価格」ということで1本100円セールが目に入る。
6本購入し2.7ℓの焼酎も購入する。買った後で気がついたが
350×6+2700=4800gの総重量となってしまった。
約5kgの荷物を片手に、もう一方は明後日煙突調査で使用予定の
望遠カメラを手に下げて大荷物状態で手のしびれに耐えつつ家路に着く。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行列

煙突施工計画書の作成、職方との打合せその他雑用等々。
現場の帰りにフィルム及び機材を受け取りながら
来月施工予定の現場について図面を見ながら職方と
打合せする。機材の配置や人員の配置等打合せするが
部材変更の希望があり説明を聞いて納得した。
やはり実際に施工する職方の意見を聞く事が手っ取り早く
安全性、品質を確保できる。

昼食は「期間限定の復活牛丼」を食べようと思い、時間をずらして
食べに行ったが、既に店内は満員で行列が出来ていた。
用意周到にガードマンと行列用のスペースが確保されている。
行列を見た途端に並ぶのをあきらめた。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4角形と8角形

煙突見積書及び見積略図の作成等々。
煙突見積仕様書があり高さ、口径、材質等が記載されており
板厚やベース周り、基礎寸法は独自に計算して決定し見積とのこと。
地盤データとして短期の地耐力105N/㎡(10t/㎡)と記載されている。
短期で10t/㎡ということは長期で5t/㎡ということになり軟弱地盤で
イメージ的には「田んぼより少し良い地盤」ということになる。
概略の構造計算を行い、最高300℃という条件を考慮して
許容応力度を低減し6㎜と5㎜にした。
基礎の検討を行い、正方形で4.5mの4角形となったが
コンクリート数量と総重量が増加するのでN/Aが大きくなる。
経済設計とする為に施工的には面倒になるが底面積を確保できて
総重量を低減できる8角形の基礎とすることにした。
積算すると基礎工事費と本体工事費がほぼ同じ金額となってしまった。
略図を作成し確認すると本体に対して巨大な基礎となってしまった。
経済設計は難しい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7名同時送信

煙突施工図面、施工計画書の作成等々。
昨日質問のあった鋼構造設計規準の「鋼管の径厚比」について
メールが入る。外径920㎜に対し板厚6㎜では径厚比153なので240/Fを超えて
鋼構造設計規準に合わないというもの。
「塔状鋼構造設計指針」では煙突の場合、径厚比240/Fを超えることが多いので
100以下、100~583、583以上と3通りの許容応力度が示されている。
更に「煙突構造設計施工指針」では断面算定は塔状鋼構造設計指針による
となっているので、径厚比100以下でなくても現状で問題ありませんと回答し
径厚比100以下とすると直径に対し板厚が大きくなるので不経済となり
日本全国に現存する煙突の内、80%位は径厚比100以下と言う規定に
適合しませんという回答をFAXした。

そのFAXはPDF化されてカーボンコピーで関係各社にメールされていた。
説明が理解されて、現状で良いという返信メールがあった。
人数を数えると7名の方に自分の手書きのFAXと文献コピーが送付されたことになる。
急いで書いたので文字が汚く改めて見ると字が汚いなと恥ずかしくなってしまった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文字化け

先日実施した接地抵抗測定記録書の作成、煙突施工計画書
施工図、見積書の作成等々。

煙突新設工事が決定したので御客様から設計図面をメールで頂く。
内容を確認すると煙道の長さが煙突詳細図と全体平面図で微妙に異なる。
又、文字化けや文字がずれていて非常に分かりずらい。
結局、煙突施工図を作成して承認を頂く事にした。

表計算ソフトやワープロソフトは異なるメーカーのソフトであっても
互換性が高いので特に問題ないがCADソフトの場合は2大ソフトの占める
シェアが低く様々なメーカーのCADソフトが「群雄割拠」の状態で
互換性があまり無い。
著名メーカーのファイル形式に変換しても「ファイルが開けない」とか
「文字や寸法が見えない」等々問題が多い。
巨大メーカーによるCADソフトの天下統一があると非常に楽になるのだが
中々うまくいかない様だ。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルシーメニュー

煙突調査報告書の作成及び打合せ等。午後から
煙突避雷設備の接地抵抗測定、PF管の延長、煙突試運転の立会。
接地抵抗の測定箇所は2ヶ所あり、見た目には土質の差は無い。
最初に測ると7.8Ωで10Ω以下であるので問題無い。
仮に10Ω以上あっても新JIS規格対応としているので問題無い。
もう一方は1.8Ωであった。
「なぜこれほど差があるのか?」と思い、土をほじくって確認すると
180度対角方向なので土質が全く異なり一方は砂状、他方は粘土の様だった。
土質の差でこれほどの電気抵抗差があるのかと勉強になった。
試運転立会は、かなり時間がかかりボイラー負荷と圧力を色々
試していたので2時間近くかかってしまった。

高田馬場に着くと、夕食時になっていたので外食することにした。
歩きながら「焼肉か、寿司か」と考える。
妻が「外食はヘルシーメニューで」と言っていたのを思い出し
「回転しないがリーズナブルな寿司屋」に入った。
カウンターに座ると白髪まじりの外人さんが箸で上手に寿司を
食べている。日本語もうまいので日本在住の方であろう。
秋刀魚の握り等、旬の魚をメインにした「秋の5貫盛り」という
メニューが目に入るが好きな物だけを食べたかったので
エンガワ、エンガワ、ハマチ、中トロ、エビ、エンガワ(その間生ビール2杯)
とした。1オーダー2貫なので合計12貫となり満腹になった。
エンガワを堪能し満足しつつ家路に着く。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年代物

煙突調査報告書の作成及び手配等。午後から煙突調査を
実施している現場立会。
明日使用予定の避雷設備の接地抵抗測定器とPF管を職方から受け取る。
先月実施した鋼板製煙突について接地抵抗測定依頼があり
明日測定することになった。
その煙突は避雷設備が新JIS規格対応となっており
A型接地極の板状接地極を2枚以上埋設しているので大地抵抗に関係なく
最も厳しい保護レベルⅠに適応する。従って接地抵抗を測定する
必要は無いが御客様の御希望で測定することになった。
御客様には新JIS規格対応なので旧JIS規格との違いを説明しては
いるのだが中々理解されずらい。

測定器は2台保有しているが平成初期に購入した新しい測定器が
行方不明なので今回は昭和50年代に購入した古い測定器を
使用する。いわゆる「年代物」である。
久しぶりに使用するので動作するか不明であったが問題なく動作した。
電池は入れっぱなしであり液漏れの可能性があるので電池交換する為に
裏蓋を開けてみる。
今時珍しい「単一乾電池」が4本入っているが液漏れはしていなかった。
電池も見るからに昭和50年位の年代物の電池だった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴男

40m煙突清掃点検の立会。
ごみ焼却場の煙突で月曜日から今日まで運転停止となっており
今日が最終日であった。
平成13年に内筒を交換してからおよそ5年ぶりとなる。
点検中にごみ焼却場の方と雑談する。
以前は煙突に入力される温度は250度程度だったが現在では
ダイオキシン対策で冷却筒、バグフィルタを通過するので
150度前後になっているらしい。
温度が低くなったので冷却塔は腐蝕進行が著しく交換を実施したが
煙突は点検していないので状況を把握する為に今回実施したとのこと。
耐用年数について役所の上層部の方から担当者に質問があったが
担当者の方は「わからない」と回答したとのこと。
同じ性能の焼却炉であってもごみの種類、焼却方法、焼却時間その他の
要因によって腐蝕進行程度は異なってくるので煙突についても
「耐用年数○年」とは断定しずらく、点検結果によって判断するのが一般的である。

現場に向かう途中で雨が降っていたが現場は山の中腹にあるので天候変化が
著しく点検中には曇りとなっており、作業終了後に雨が降ってきた。
自称「晴男」によるものと自画自賛する。
聞いた話であるが「晴男」と言うのは過去のイベント時に「晴」ということしか
覚えておらず雨の時には記憶がなくなるという「ポジティブ思考」の
人が多いということらしい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンコ台という名の由来

煙突見積書の作成及び打合せ、雑用等々。
昨日、御客様から来月実施予定の煙突点検の件について
役所から正式な仕様書が出たとのことで内容を再確認する。
煙突直径が60センチしかないので無人の高圧水洗浄及び
ビデオによる内部点検、外部超音波板厚測定を計画していたが
仕様書では「エンコ台」使用による有人の清掃点検となっているらしい。

エンコ台とは公園にあるブランコに似ており、杉板製の長さ50センチ・幅20センチ程度の
座板に番線を取付けているだけのものでゴンドラが普及する以前には
よく使用されていたが現在では安全配慮の為、煙突作業では殆ど使用されていない。
5階建て程度の低層ビルの窓拭きには現在も使用されている。
ロープ一本で上から下へ下がるだけなので上昇は不可能である。
ゴンドラの場合、ワイヤーロープと親綱があり上下移動可能で安全性と
機動性が高い。

図面を再確認すると頂部直径が40センチしかなく頂部からエンコ台を
挿入できないので有人作業は不可能である。
職方の安全を考えて辞退することにした。

「エンコ台」という名前の由来が気になって調べてみると
「エンコ」とは「縁側に腰かける」という意味で使われていた言葉であり
「縁に座る際の腰をついて足を前に放り出す座り方」のことらしい。
確かにエンコ台に座ると両足が前に出る。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニクロの正式名称

煙突調査の機材等手配、その他打合せ、見積等。
見積仕様書に「ボルトナット交換」とあり一般的なユニクロームメッキ
(ユニクロ)とした。調べてみると正式名称は光沢クロメートメッキ という
ことだった。今まであまり気にしていなかったが調べてみると
他にも色々な種類のメッキがあった。

自宅近くの木造住宅建築現場で今日はバスタブの搬入据付が
行われた様だった。内装工事に着手した様で相変わらず施工が早い。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年ぶり

煙突見積略図作成及び手配等々。
別件で煙突点検見積の問合せが入る。
内容を確認すると自宅に最も近い焼却場で約10年前に
他の煙突専門業者の手伝いで行った煙突だった。
過去の資料を調べると平成8年に内部補修を実施していた。
手伝いだったので報告書は無いが高さ110mの内筒式煙突で
回り階段となっており職方が「足が筋肉痛になった」とグチを
こぼしていたことを思い出した。
単純に煙突の直径10mとすると円周で31.4mとなり高さ100mで
3140mの階段となる。実際には勾配があるので3000m以下にはなるが
往復では6000m近い階段昇降となる。
足の筋肉痛は避けられない。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御近所

煙突見積書、略図作成等々。
午後から御客様に煙突改修内容について訪問する。
別の御得意様の近くにあり実際に訪問すると
距離100m位であった。更に500m位離れた所には
別の御得意様もあり、御近所であった。

出先で地下街の飲食店街で昼食を取る。
1周した後に「鶏の竜田揚げと刺身定食」という珍しい組合せの店に入る。
今時珍しく昼食時に禁煙となっておらず両隣で煙草の煙が舞っており
心地悪い。おまけに提供時間が長く、他の店より高価であった。
「ハズレ」の店に入ってしまったなとブルーになってしまった。
今日は夏休み最終日ということもあり電車内は
子供が多かった。明日からは新学期が始まるので
通勤電車も混雑し高田馬場は学生街としての町並みになる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芯棒アンカーとメスアンカー

煙突見積書略図の作成、見積書、施工図面の作成等々。
ライニング材取付けの為のアンカーを芯棒アンカーとするか
メスアンカーとするか図面を作成しながら検討する。
芯棒アンカーの方が施工的に楽だが最大長さ150㎜なので
埋め込み長さと取り付け物の厚さを考慮すると
若干短い。メスアンカーだとボルト長さは自由に調整できるが
施工段階が多くなる。
1/2の大きい図面を書いて印刷し確認することにした。

自宅近くの木造住宅現場を帰りに見学すると屋根と窓が取付けられていた。
相変わらず施工が早い。
注文住宅では無いので上棟式はしていない様だ。
他人の家ではあるが何となく寂しく感じる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レベル2

煙突施工計画書の作成及び見積略図の作成等。
仕様書を確認しつつ施工計画書を作成する。
ダイオキシン対策の保護レベルは2で施工すること、という記載があるが
呼吸用保護具はプレッシャデマンド形エアラインマスクを使用となっている。
レベル2ならば防塵防毒マスクで良いのだが?と思い
御客様に確認する為に、電話すると終日不在との事でFAXで送付した。
現在稼働中のゴミ焼却場は保護レベル1で対応可能な場合が多いので
保護レベル3対応での施工ということは、ほとんど無い。

自宅近くで木造住宅2棟が施工中なので行き帰りに見学する。
先週末に柱の建方が終わったと思っていたら今日見ると
壁の下地材が取付けられていた。
ユニット化された部材を組み立てる様で施工が早い。
最近では現場で材木のカンナ掛け、端部加工等する機会は
少なくなっているのだろうか。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

160tクレーン

先週から施工している40m鋼板製煙突の3・4・5節目建方立会。
160tクレーンを使用しての建方で、午前中に建方及び仮付け溶接
夕方までに内部1層、外部2層溶接という予定だった。
夕立と雷があると、今日中にはクレーンの玉掛けワイヤーが
外せなくなるので心配していたが天候の変化は無く
16時30分にはワイヤーを外せた。
日頃の行いが良いのだと自画自賛してみる。
3~5節目の合計重量はクレーン能力の計算上余裕を見て16.5t
としていたが実際の重量は16tだった。
これまた自画自賛してみる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強行突破

煙突見積書及び概略図の作成等々。
煙突高さと頂部口径寸法の指定及びRC製という指定だけがあり
基礎寸法その他、細かい部分はこちらで決めて良いとのこと。
概略の構造計算を行い、基礎寸法・鉄筋量を決めてゆく。
地盤状態が不明なので、鉄筋量・断面積・基礎寸法は余裕を持った設計とした。

昨日今日と天気の状態が変わり易く、高田馬場では晴れていたが
地元駅に着くと、夕立と雷が鳴っていた。
雨が止むまで待つのは嫌なので、いつもなら「全速力で」走って強行突破
するのだが、暑いので駅前の書店で立ち読みしながら雨が止むまで
待つことにした。店内は混雑しており、同じ様に立ち読みしている客が多かった。
「待つのが嫌い」というのは江戸っ子気質なのだろうか。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5.5m×5本+4.5m=32m

煙突見積書作成及び概略図の作成等々。
全長32mの内筒煙突が必要なので概略図を書きながら
分割方法を検討する。当初、思いつきで8m×4本=32mとしていたが
クレーン能力表を確認しながら検討すると重量的には問題ないが
作業半径とブーム長さを考慮すると若干厳しい。
1パーツを短くする方向で検討するが32mが割り切れる数字を検討すると
4m×8パーツとなってしまう。現場溶接を少なくしたいので
1パーツはなるべく短くしたい。
あれこれ検討した結果、5.5m×5本+4.5m=32mとして計画することにした。

昼食は会社から少し遠い場所にあるラーメン店に行くことにした。
看板に「日本一のトンコツ」という記載があり前から気になっていた。
混雑を避ける為に11時30分頃に行ったが、昨日から明後日まで
12時開店との事。これでその店で食べる機会を失ったのは3回目となる。
行くと定休日や開店時間前等、その店とは相性が悪い。
結局、11時30分開店の他のラーメン店に行った。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2リットル×13本=26リットル

40m鋼板製煙突新設の立会。
1パーツ8m×5本=40mとなり、今日は下部2本の搬入及び
最下部の建方。午前中は曇りでそれほど暑くなかったが
昼前から次第に暑くなっていった。
熱中症防止の為、午前中にスポーツドリンクやお茶等
2リットルのペットボトルを4本購入する、が昼食後には
全てカラになってしまった。私を含め8人いるので消費が早い。
午後に4本追加購入したが、3時休憩後には全てカラとなり
再度5本追加購入する。
明日からは毎日2ダースまとめて購入することにした。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円型煙突と角型煙突

午前中は現場にて打合せ、午後から他の御客様との打合せ及び
見積作成等々。
角型煙突の内部煉瓦が崩れかかっているとの事で
施工例写真を持参し、対策方法等を説明する。
内部煉瓦式煙突の場は円型よりも角型煙突の方が
煉瓦の脱落・崩壊等が発生し易い。
円型はどの方向でも同じ面を形成しシームレスに近いので
1ヵ所が脱落しても全体の崩壊には至らないが
角型の場合、4つの面があり4ヶ所の継目が発生する。
継目があることによって1ヶ所脱落すると、その1面全体が
崩壊し易くなってしまう。
円型の方が通風抵抗が少なく通気力としては有利になり
施工数量が少なくなるので金額的にも有利になるのだが
建屋付属型煙突の場合は意匠的な理由により角型が多くなる。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煙突直径と排ガス量の関係

煙突見積書の作成及び雑用等々。
現地調査に行っている職方より連絡が入る。
先週、御客様から連絡があったが内筒から錆片が
飛散しているとのこと。
ガス量が増加したらしく煙突の直径は変わらないので
内部圧力が増加して錆片の飛散へと発展したものと思われる。
圧力が高いと錆の飛散や騒音、振動が発生し
圧力が低いと煙の上昇能力が阻害されダウンウォッシュになる。
煙突直径と排ガス量は微妙なバランスの上で成り立っている。

高田馬場を歩いていると居酒屋の「生ビール200円キャンペーン」
が目に入る。学生が夏休みなのでキャンペーンを行っているのであろう。
高田馬場は人口の季節変動が激しい。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステンレスの融点

先週実施された第114回日本煙突業協会の議事録作成及び
雑用等々。夏の総会の議題は秋の研修会テーマについて
と決まっており、去年の議事録を確認するとやはり同じ内容だった。
今年は会員2社からの発表と決定され、電気防蝕とその他のテーマ
となった。希望としては建築士法改正についてであるが最終決定は
次回の技術懇談会以降となった。

御客様から「ステンレスの融点」に関する質問が入る。JIS規格等
文書でFAX送付せよとのこと。早速JISハンドブック鉄鋼Ⅰ、Ⅱをめくる。
しかし、初めて分かったが「融点」に関する記述は全く無い。
最後の頼みの綱として「ステンレス協会」に電話して問い合わせてみる。
融点は1400℃~1450℃とのこと。JIS規格等文書化されているものは
ありますかと問い合わせた所、無いとの事。
唯一メーカーカタログに記載されているとの事でFAXして頂いた。

御客様に自信を持って「融点に関する記述はJIS規格にあると思いますよ」
と言った手前、ちょっと恥ずかしかった。

煙突屋(工事屋)の基本  「安全」
煙突屋(工事屋)の3原則 「品質」 「工期」 「価格」

http://www.entotsu.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道路交通法

煙突新設の見積2パターン作成。
以前は吊上げ能力100t以上のクレーンは1日16万~20万が
相場であったが、道路交通法の改正により本体・ブーム・ウエイト
を分割して運搬して現場で組立・解体しなければならなくなった。

クレーン屋に見積を取ると本体使用料は変わらないが
運搬・組立だけで約180万円かかる。
従来は1日16万円だったが、現在では196万円かかるということだ。
50tクレーンまでは自走できるので製品を分割して吊上げ荷重を
小さくするしかない。しかし、高さ40mを超えると能力的に不可能なので
100tクラスを使用せざるを得ない。
御客様に理解頂く為に、クレーン屋の見積を添付することとした。
或いは、現場常駐のクローラークレーン等を支給としてもらうしかない。

安全かつ品質を損なわずに安く出来る工夫を日々模索している。

久しぶりに「トリビア」を見た。
沖縄の「ハブ対マングース」は平成12年の「動物愛護法」で現在は
禁止となっており「ウミヘビ対マングースの水泳対決」となっているらしい。
闘犬とか闘鶏も禁止になったのだろうか?

法律で世の中の物事はガラリと変わるものだ。

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月下旬、吹雪

9年前の4月25日、煙突の新設で北海道に行った。
釧路空港を降り立つと吹雪だった。

東京は春真盛りだったので薄着で行き、着いてすぐに
トレーナーを購入したのを思い出す。

北海道の東部(網走、釧路方面)だったので日の出が早く
朝の3時半位から明るかった。
現場作業中に、近所の牧場の人が来て「馬、来なかったべか?」
と言ったり、毎朝鹿を見たり、ジンギスカンをほぼ毎日食べたり
6月までストーブを焚いたりして、ちょっとしたカルチャーショックであった。

まさに「スローライフ」といった感じで、住んでいる人は穏やかで
他人に対して親切で優しい。
皆、心が豊かなのだ。

都会の忙しい暮らしとは正反対である。

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

記憶がありません…

昨日は二日酔につき仕事にならず。

おととい(4/21)は「日本煙突業協会」(略称JSA=ジャパンスタックアソシエーション)
の第109回定時総会だった。
私は書記を務めているので必ず出席しなければならない。
年に4回定時総会があり、秋には技術研修会が開催され
外部講師を呼んで技術講話を聞いたり、協会員が技術に関する
発表をしたりする。
今年は当社及び他2社にて発表することとなった。
「ネタ」をどうするか思案中である。

定時総会の後、懇親会。
前日は寝不足だったので「今日は飲酒をセーブしよう」と
思っていたのだが生ビール中ジョッキを飲んだら「うまい!」
と感じて、ストッパーが外れた。ビールがうまい季節になった。
生ビール2杯、ウーロンハイ6杯で1次会終了。
2次会はラーメン屋となり、ギョーザをつまみにビールを2杯…
飲んだ後の記憶が無くなった。

どうやって帰ったのか記憶に無い…
記憶を無くしたのは3年ぶり位。
寝不足で深酒すると効果てきめん。

帰巣本能により家にはたどり着いたが、妻によるとコンビニで
つまみを買って服を脱ぐ度に「おっとっとー」と言って転んでいたらしい。
朝起きるとTシャツとパンツだけで寒かった。

2次会のお金払ったのか?
どんなに酔っ払っても家にはたどり着いているのは「帰巣本能」のおかげか?

昨日の帰りに高田馬場ビックボックス前を通ると早稲田大学による「新歓コンパ」
の待合わせで大混雑だった。
この時期の高田馬場駅周辺は混雑する。

およそ、18年前の自分を思い出す…
私は明治大学だったので、新宿集合だった(明大前は狭くて集合できなかった)

時の流れは早すぎる。

テレビで「紅の豚」を見た。
舞台がフランス?かイタリア?の第二次世界大戦らしく背景に煙突が多数
映っていたが、あれでは煙突同士の距離が近すぎてダウンウォッシュの影響が
大きく現実的では無い。が、空想の世界だから良しとしよう。

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経済設計

構造計算&見積の依頼があった。
高さと口径が決まっており、設計後に見積という形。
だが、既に予算が決まっているとの事。
つまり安上がりな設計に収めなければならないという事。
本体の板厚やアンカーボルト本数その他を計算してゆく。
安くする為にスペックを下げると構造的にNGとなり
かといってハイスペックにすると値段が高くなる。

予算と構造面でのバランスを見ながら午前中には最終決定した。
正式な構造計算書を作成する。

経済設計は難しい。

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同い年

昭和44年新設の構造検討書を作成。
鉄筋量・コンクリート強度共に低く250ガルで
シュミレーションしたが耐震性が低く、厳しい。
設計基準が古いので止むを得ないのだが
かわいそうになった。

私と同い年なのでちょっとさみしい。

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警察署

警察署へ行った。
犯罪を犯した訳ではなく「銃砲刀類検査」の為に行った。
建設用鋲打ち銃を保有しているので年に1回検査が必要。
めったに使用する事は無いが許可が無いと保有できない。
前回使用したのは5年位前でスタットという5cm位の鋲を
コンクリートに打ち込む為に使う。ドリルで穿孔してボルトを
打ち込む方法もあるが1時間に10本程度が限度で、鋲打ち銃だと
1時間に200本は打てて効率が良い。総合計1000本打つとなると
工期が全く変わってくる。

取調室で書類を書いて検査を受けた。
10年前、検査を受けた時に刑事さんが
「地下鉄サリン事件で忙しくて…」と世間話した事を思い出す。
時の流れは早過ぎる。

警察署に行くと悪いことはしていないのに緊張してしまうのは何故だろう?

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頓服薬

今朝、花粉症対策用の頓服薬を飲んだ。
午前中は見積作成で集中していたので眠くなかったが
午後、強烈な睡魔に襲われた。
眠気覚ましにドトールにコーヒーを買いに行った。
もうそろそろ花粉シーズンも終わるはず。
花粉症歴18年になるが今年は意外と症状が軽い。
ひどい年は御客様の前で説明・プレゼン途中に
鼻水が垂れていたこともあったが今年は主に
目のかゆみが多かった。

帰りの電車でお年寄りに席を譲る光景を2回見た。
人の優しさに触れて心が和らぐ。
でも、席を譲った2人も結構なお年?

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク

先日行った調査の説明に客先へ訪問。
応急補修とその他2つに分けて再見積となった。

午後会社に帰るとゴールデンウィーク工事の
打合せで元請が来るとのこと。

ゴールデンウィーク・お盆・年末年始は工場が休業し
煙突の操業が停止することが多く、その間にメンテナンスや
調査等を実施することが多い。
今年も現場が重なり忙しい。
でも、この時期に現場が無いと逆にさみしい。

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱暴走

女子事務員のパソコンがついに「落ちて」しまった。
最近、熱暴走によると思われフリーズ現象が起きてたので
メンテナンスしようかと思っていた矢先のこと。
会社のパソコンは全て自作で私のスペックが一番良い。
CADで図面を描きながらエクセルで構造計算をして
ワードで報告書を書く、という使い方をするので
そこそこのスペックが必要となる。
事務員のパソコンは私の「お古」を寄せ集めたもの
(でもCPU2Ghzメモリ512MBでビジネスアプリでは充分)
ケースが机上で邪魔にならないようスリムブック型だったので
どうしても熱がこもり易い。
ケースを触ると「ラーメンどんぶり」なみに熱く特に電源が
熱かった。
取急ぎ近所のツクモ電気に行く。
電源故障と想定し、本当は電源のみ取替えしたかったが
特殊な電源につき売っていないのでケースごと交換する事にした。
物色の上、6千円台のケース購入。
ハードディク・マザーボード等の「お引越し」
無事起動、何の問題も無く作動した。
原因はやはり熱暴走による「電源故障」だった。
ちなみに電源はメイドイン C…
製品の作りが雑?

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震

今朝、出かける前に地震があった。
急いでテレビで確認、千葉・茨城方面で最大震度5強。
その方面の煙突を色々と思い出す。
千葉県内では耐震性が低くて気にかかる煙突が2本ある。

今日は会社に連絡が無かったのでとりあえず問題無いものと
思われる。だが、内部煉瓦の状態やコンクリート剥離状態は
不明なので注意が必要だ。

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煉瓦式煙突

およそ8年ぶりに内部煉瓦・外部コンクリート製の煙突
見積依頼があった。
鋼板製又は外部コンクリート(外筒)内部鋼板製(内筒)が
多数である。
それぞれ、メリット・デメリットがあるものの内部煉瓦式は
コストが安く、耐久性もそこそこ良い。

鋼板製も安いが振動・騒音・海岸地域での塩害等があり
設置場所、高さ、形状等に注意が必要である。
最も耐久性が良いのは外部コンクリー(外筒)内部鋼板製(内筒)
であるが基礎と外筒が大きくなるのでコストは高くなる。

仕様の決定には予算・耐用年数・設置場所等の検討が不可欠だ。

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見積書

昨日に引続き、報告書まとめ。
劣化要因の考察・対策案・補修見積の作成。
明日には提出できそうだ。

調査→報告書→劣化要因の考察→対策案提出→見積と
最も良いパターンだ。自社で調査しないと、どこが悪いのか
完全に把握できず、煙突周囲の現場状況も良く分からないので
安全・最適・安価な補修案が提案しずらい。

通常は予算に合わせた3種類の見積(いわゆる松・竹・梅)
を提出するが今回は建設後14年でさほど劣化進行していないので
1種類だけの見積とした。
実施は来年ぐらいか?

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「減哀」?「減衰」?

昨日に引き続き調査報告書及び
調査結果に基づく構造検討書の作成。

ワードのテンプレートを基に文面を作成していったが今日初めて
「減衰定数」が「減哀定数」になっていたことが判明した。
これで何冊もの構造検討書や確認申請書を作っていたかと思うと
何ともマヌケな話(他人に指摘されたことは1度も無いが)

「減衰」は地震・風等の振動を弱める働きのことであり
大きい方が振動が少なくなる。
「減哀」だと哀しみが少なくなるということになってしまう。
(それはそれで良い事であろうが)
横棒一本無いだけでこうも意味が違ってくるのか。
日本語は難しい。

今回、調査した煙突は高さ30mということしか分かっていなかった。
パッと見で共振風速が低そうで揺れが大きいだろうなと思った。
図面をもらって確認したら直径1.3mだった。
今日計算したら案の定、共振風速は約17.3m/secつまり風速17m近辺で
この煙突は最も揺れるということである。
調査の時に、うちの職人が「この煙突よく揺れるわ」とボヤいていたのもわかる。

共振現象は煙突本体の持つ固有周期によってほぼ決定される。
例えば神社で鐘を突く時、最初は強い力を加えないと鐘は揺れないが
タイミングが合ってくると軽い力で揺れるようになってくる。
鐘の持つ固有周期と外力が一致すると簡単に揺れる。
煙突の固有周期と風が吹くタイミングが一致すると大きく揺れるということだ。

設計段階では振動防止として共振風速を25m/sec以上に収める、又は支枠を
取付けるのが良いが予算の都合もあり、なかなかうまくいかないものだ。

http://homepage2.nifty.com/kyosei/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「膜」と「腹」

先日行った煙突調査の報告書作成で1日が終わった。
鋼板製煙突の調査だが塗膜の腐蝕・劣化が著しい。
下書きの段階で塗膜の「膜」という字が「腹」になってしまった。
?と思いつつ「膜」の字で考えることしばし。
結局、辞書で確認。
ワープロを使えば早いのだが辞書を引くことにより脳の刺激となるのだ。
と、妻に言い訳してみる。

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図面が示すもの

今日は売り込みの電話が多かった。
大概は金融商品の勧誘や電話料金プランについてのものだが
初めて「CADオペレーター派遣」というのがあった。
我々の様な専門工事業者が描く図面は特殊かつ細かい工夫が
されているので一般建築図面と異なり他人に説明するより自分で
書く方が早い。

図面に求められるものは「明快さ」である。
御客様に理解していただくことは勿論、職人に対して分かり易くかつ施工し易い
ことが求められる。更に、煙突屋が書く図面には高所作業であるが故の
「安全に施工できること」が何より大事である。

父親(先代代表取締役)が口を酸っぱくして言っていたが工事屋にとって
大切な三大原則
①品質(勿論安全を含む)
②工期
③価格
それらを満たした工事をして誠意を尽くし信頼を得て、初めて煙突屋として
成り立ってゆくのだと思う。
日々是勉強だ。

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光が丘公園

天気が良かったので練馬区の光が丘公園へ出かけた。
花見シーズンなので人が多かった。

帰りに光が丘清掃工場の側を通って行った。
仕事柄どうしても煙突に目が行ってしまう。
8年位前に内部補修工事があった。たしか高さは120mで全部回り階段だったので
足がパンパンになったことを思い出す。
今日見た所、外部コンクリートの塗装が剥がれており再塗装の必要あり。
でも塗料飛散防止が大変そう。

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太い糸

今日は父親の3回忌だった。亡くなってからおよそ2年、時の流れは早過ぎる。
父親は煙突屋歴45年、個性の強さと経験で煙突業界では有名だった。

とあるセリフの中から
「人は生まれながらにして糸を持つ。家族、兄弟、友人、仲間、互いに信頼し合い
助け合う。生まれ落ちた時から大切に思ってきた人たちとのつながり…
そしてそのつながった糸は時を経るにして太く力強くなってゆく。
理屈では無くその糸を持った者は大切にする」

法事で親戚兄弟が集まった時に「太い糸」を感じた。
だから、先祖を大切にして墓参りをして自分の存在を確認すると共に先祖に
感謝するのだろう。

http://homepage2.nifty.com/kyosei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)